トップページ | 2004年7月 »

寝すぎだよ

土曜日の晩は深夜3時過ぎに床に付く。いや、この時点でもう日曜日なのだが。
嫁さんがいないので夜更かししても寝過ごしても誰も文句を言わない。
そんな風に思ってダラダラと寝る。思い切り寝る。前後不覚に寝る。
昼過ぎぐらいかな、そろそろ起きるか。そう思ってリビングに行って時計を見ると、5時だった。え?外を見る。明るい。でも午前の日差しじゃない。するってーと、午後?慌ててテレビをつける。・・・やっぱり午後5時だ。まるまる24時間以上寝てしまった。なんてもったいないことをしたものだ(;_;)

デイ・アフター・トゥモロー

バンドじゃなくて、ローランド・エメリッヒ監督の映画の方。今日、109シネマズ港北で見てきた。久しぶりのシアター1だ。でっかいスクリーンだよ。
氷河期が来るというディザスタームービーなので、誰かが守ってくれるとか危機を回避するとかではなく、危機的状況にあっていかに生き延びるか?という話。どうもエメリッヒ監督は「父権復活」がお好きなようで、学者としては一流だが父親としてはダメダメな主人公が子供との約束を守ろうとするという展開だ。実際には5~10年掛かるという気候変動を、映画として成立させるために数週間に縮めるというのは、まぁ仕方がないとしてもだ、ワシントンDCからNYまで移動する間の描写がいまいちだ。確かにアクシデントに襲われたりするんだが、いまいち緊張感というか苦労しているという感じが伝わってこない。何日掛かったのかも不明だしね。少なくとも数日は掛かっているはずなのに、髭が伸びてないのもなー。髭については救助される側についてもそうなんだが。なんだか綺麗過ぎて、苦労した後の達成感とか「よかったね」という感じじゃなく、予定調和な感じがしてならない。NYを襲う洪水とか一瞬で凍り付いていくCGは凄いんだけどねぇ。

GIFのパテント切れ

米UNISYSが保有していたLZWアルゴリズムのパテントが、日本およびヨーロッパでも6/18に期限切れとなった。アメリカでは昨年6/20に期限切れとなっている。カナダでの期限切れは7/7だが、このままフリーになるという見方が多いようだ。UNISYSがオンラインソフトにもライセンス料を徴収するとして問題になった時期に書いた記事を読み返してみる。「ユニシスのLZW特許問題」。取材した時のオンラインソフト作者の苦悩がよみがえってきた。結局、ほとんどのフリーウェア作者はGIFをサポートしないことで特許を回避したようだが、特許が切れたことでGIFサポートは復活するのだろうか?
するだろうなぁ、PNG形式が思ったより普及していないし(^_^;)。

心の痞えは取れたけど

余り具体的に書いてしまうといろんな方面に迷惑を掛けてしまうことになるし、今後に差し支えるので詳しくは書けない。けれど自分としては大きな出来事だったので、ちゃんと書いておかないと収まりが付かない。
これまでインプレスのDOS/V PowerReportで連載してきた「オンラインソフトクローズアップ」の執筆から降りることになった。連載自体は読者に好評なので続くと思うが、私が書くことはもうないだろう。
決断するまで迷って迷って、こんなことライターになってから初めてのことで、胃が痛くなるほどストレスを感じて、他人にも相談して、それでも結局こういう結果となった。足掛け6年、74回の連載は辛いこともあったけれど実りあるものだったと思っている。

量子コンピュータの実現性が


「ネイチャー」6/17号で、米国立標準技術研究所のデビッド・J・ワインランド博士が率いる研究チームと、オーストリアのインスブルック大学のライナー・ブラット博士が率いる研究チームがそれぞれベリリウム原子とカルシウム原子による量子テレポート実験に成功したと伝えられているそうだ。
SFではよく使われる量子コンピュータの実現に向けて一歩前進といったところか。要はSETI解析のように複数のコンピュータを並列で並べて行う処理が、1台のコンピュータでできるようになるわけだから、処理能力は格段に上がりそう。メモリ技術に関しても、どんどん大容量化、省スペース化が進んでいるから、高度な人工知能が生まれるのもそんなに遠いことではないかも。
でも、さすがにロボットに組み込むほど小さくなるのはまだまだ先の話だろうから、アシモフのロボット物のような自律型のロボットはすぐには出てこないだろうなぁ。

こんな時間に

暑苦しくて眠れない・・・。
昨日もそうだった。寝たのは明け方。すっかりリズムが狂ってる。
やっぱりストレスが原因かな?

比較的暇、というのも原因だろうな。
仕事がないと不安になるのよ、フリーの人間は。

とりあえずやってみる

1996年からインターネット上に日記を書いてきて、やはりネックは「更新」だなと痛感する今日この頃。ならばいっそウェブログに移行してしまえば良いんじゃなかろうか?
仕事も暇になったことだし、それじゃぁ始めてみるかと思い立つも「では、どこのブログがいいのか?」という問題にぶつかる。一時、ブログCGIを使ってこっそり内輪だけでやろうかとも思ったが、@niftyのアカウントもあることだし、せっかくなのでココログを使ってみることにした。
ま、初めてということもあり、デザインとか適当に選んでみる。
あとは更新だなぁ。
自分のサイトの場合、気まぐれで書きとめたメモをテンプレートに流し込んで編集するのだが、ブログではメールのような感覚・・・なのかな?
ともかく、あまり気負わず焦らずゆっくりやっていこう。

トップページ | 2004年7月 »