« スパイダーマン2を観て来た | トップページ | 昨日は採血 »

2004/07/21

キャンディ・キャンディ

朝日新聞から引用

漫画家いがらしゆみこさんらに賠償命令 東京高裁

 漫画「キャンディ・キャンディ」の商品を販売した「アップルワン」(埼玉県三郷市)が販売中止を求められ、損害を被ったとして、漫画家いがらしゆみこ(本名五十嵐優美子)さんらを相手に約908万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は21日、いがらしさんらに約175万円の支払いを命じた。
 判決によると、ア社は1998年、いがらしさんらから商品化権の許諾を受けた会社と契約し、ジグソーパズルなどを販売。翌年、別の著作者水木杏子(本名名木田恵子)さんから「複製権の侵害」と通告を受け、商品を回収した。
 当時、いがらしさんと水木さんは著作権をめぐり係争中で、99年に水木さんを著作権者の1人と認める判決が東京地裁で言い渡された。
 江見弘武裁判長は「著作権訴訟について告知する義務があったのに知らせず、いがらしさんは損害への責任を負う」と指摘した。(時事) (07/21 15:57)

 簡単に言ってしまえば、「キャンディ・キャンディ」の著作権係争中に、その事実を業者に知らせず販売したってことだけど、業者が本当に係争中であることを知らなかったかどうかは別にして、あの時期に商品を出してしまういがらし女史の精神が理解できん。
 キャンディ・キャンディを巡っては、いがらし女史と水木女史の間で複数の訴訟があり、その全てで水木女史が勝訴(あるいはいがらし女史側の控訴取り下げ)に終わっている。それらの経過については、水木女史のサイト(現在は更新を停止されている)を参照して欲しい。
 訴訟はなやかなりし頃は、2chにも専用板が立つほど(主に隔離のためだが)だったが、訴訟が決着したことで終焉を迎えたと思っていた。しかしまぁ、業者に訴えられてもしかたないよね。なんだか「キャンディ・キャンディ」というヒット作を自分で汚していくことに気が付かないなんてさ。絵を描いているうちに「キャンディは自分だけのもの」と思い込んでしまったのだろうか?しかし、周りに止める奴いなかったのかよ。情けないったら。

|

« スパイダーマン2を観て来た | トップページ | 昨日は採血 »

コメント

はじめまして。
しかしキャンディは「あの絵」でなきゃダメ,というのも事実なんですよね。作品自体を好きだった人にはなんともやるせないことです。

投稿: algol | 2004/07/21 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンディ・キャンディ:

» キャンディ・キャンディは誰のもの [503号室異状なし]
僕は男ですが,昔「キャンディ・キャンディ」好きでした。原作ファンだったので,見てました,ではなく読んでました,の方が正し [続きを読む]

受信: 2004/07/21 17:07

« スパイダーマン2を観て来た | トップページ | 昨日は採血 »