« サンダバード | トップページ | お盆過ぎに墓参り »

映画と子供

昨日、サンダーバードを観た時、開始までに時間があったので喫茶店で時間をつぶしていた。家族連れが隣に座ったのだが、その子供がこれから映画を観れるということに、文字通り跳ね回りながら喜んでいた。その姿を見て最初はうっとおしいと思ったのだが、よく考えてみれば自分も子供の頃、父親に連れて行ってもらう映画がとても楽しみだった。あまりレジャー好きな父親というわけではなかったので、たまに映画に連れて行ってもらえるとなると、それはもううれしかったよ。うん。そう思えば、子供がはしゃぐくらいなんだ。元気でいいじゃないか。

思い出した。
昔、サンダーバードも見に連れて行ってもらったんだっけ。確か同時上映は「トッポジージョ」だったな。パンフレットに載っていた火星の鉱石生命体(赤い目ン玉の奴ね)が怖くて、マジックで塗りつぶしたよ。パンフレットと言っても、絵本のようなものだったので、マジックで塗りつぶしても平気だったのだ。なつかしいな。

« サンダバード | トップページ | お盆過ぎに墓参り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/1201968

この記事へのトラックバック一覧です: 映画と子供:

« サンダバード | トップページ | お盆過ぎに墓参り »