« プリンタ新機種発表会 | トップページ | SEED-D試写会 »

タイトルのみで判断してはいけない

ITmediaに『Microsoft:「安全なIEは、XPへの有料アップグレードで」 』という記事が掲載されている。すでにあちこちのブログでも取り上げられているようだ。
この記事の内容についてとやかく言うつもりはない。問題なのは記事のタイトルだ。あたかもマイクロソフトが公式に「有料アップデートしろ」と言っているかのような印象を受けるが、実際にはWindowsXP SP2の機能をXP以前のOS向けに提供することはない、ということと、できるだけ最新のOSへのアップグレードを薦めているということだけだ。
にもかかわらず、マイクロソフトに否定的な意見が多いように思える。やはり、このタイトルから受けるマイナスのイメージがあるからではないだろうか?

内容についてとやかく言うつもりはないと書いたが、やはり自分の考えは書いておこう。SP2で提供される機能が過去のOS(具体的にはWindows 9xや2000)に提供されないということは、個人的には問題ないと考えている。実際にSP2に触れてみれば分かるが、IEの機能だけを抜き出して昔のOSに対応させるなんて相当な手間がかかると思われる。それなら新しいOS開発に注力してもらった方がいい。
加えてアメリカと日本の状況の違いも考慮しなくてはならない。アメリカでは日本よりもXPのシェアが少ない、つまり、古いOSを使い続けているユーザーが多い、ということだ。そのために影響も大きいということになる。しかし、だ。古いOSを使い続けているユーザーが、最新のOSの最新の機能だけを無償で使いたいというのは、少し虫が良すぎるのではないだろうか?

話を戻そう。
このようなマイナスイメージを植えつけるようなタイトルは、事実を伝えるジャーナリズムとしていかがなものかと首を傾げざるを得ない。悪意を持って意図的にミスリードをさせるようなタイトルだといわれても仕方がないのでは?
読者としても、タイトルだけを流し読みするのではなく、本文をしっかりよみ事実がどこにあるかをはっきりと認識するよう心がけねばならないだろう。

« プリンタ新機種発表会 | トップページ | SEED-D試写会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/1544781

この記事へのトラックバック一覧です: タイトルのみで判断してはいけない:

« プリンタ新機種発表会 | トップページ | SEED-D試写会 »