« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

今日は講習会

講習会といっても、受けるほうではなく講習する側だ。

場所は渋谷郵便局。メインはCRMの話で、私はおまけのソフトデモンストレーションだ。
なぜこんなことになったかというと、インプレスがゆうパックで年賀状ムックの通販をやることになり、一方で郵便局が年賀状をDMに活用して欲しいという思惑、新しく出す光沢紙を売り込みたいという戦略が組み合わさって、インプレスが郵便局で講習会をすることになったのだ。
私がやったのは、年賀状ムック本に収録されている「宛名職人」のデモ。30分ほどだったので、一通りの流れを説明するくらいしかできなかったが・・・。いや、人前で話すというのは緊張するものだw。

講習会の後、サイエンスウェブ@中野坂上。スーツ姿だったので珍しがられてしまった。まぁ、そのとおりなんだが。

久しぶりに外出

午前中にインプレスで明日の打ち合わせというか、ランスルーというか、そんなの。詳細については明日のイベントが終わってから書こう。
市ヶ谷から品川へ。秋葉原で乗り換えるところをうつらうつらしていたために両国まで行ってしまったよ。
品川からタクシーで高野山東京別院へ。マシンのメンテと、「ウィルスバスター」のアップデート。
それから横浜に出て検診。
なんだか久しぶりに出歩いた感じ。

地震のこと。
阪神淡路大震災のときもそうだったが、「報道が少ない」のは「被害がない」のではなく「情報が入ってこないほどの状況」なのだということか。時間がたつにつれて被害の様子が伝わってくる。横浜でもけっこうゆれたので、震源地近くではたまったものではあるまい。

だらだら、してた訳じゃない

本当はWPC EXPOに行くつもりだった・・・けれど、よく考えたらそんな暇ないじゃん(^_^;)
なぜか昨日から仕事が増えているのだが・・・相変わらずのスロースターターだな>自分。

とりあえず、家だと眠くなるしGNO2やっちゃうので、外にノートパソコン持ち出して仕事をする。あー、こーゆーのも久しぶりだな。

GNO2といえば、オセアニアの作戦が開始。地上戦の連荘だ。また負けるのかな>キャリ連。

水曜日の話

水曜日、午後からインプレスで来週の某イベントの打ち合わせ。
台風が近づいていたため、徐々に雨脚が強くなっていき、帰宅する頃には土砂降りアンド水溜り。まぁ、夜中に通り過ぎてくれるからいいでしょう。
さて、いろいろとデータを準備しないとね。

モニター

先日、モニターを買い換えた。
正確には買い換えたのではなく、買い足した、というところ。
嫁さんに作ったマシンに使っていたナナオのモニターが画面に縦線が入るようになってしまったのだ。前から調子が悪いことは分かっていたけれど。やはりうちの嫁さんはハイテク・クラッシャーである(^_^;)。
ちなみに、以前の日記で嫁さんの破壊体質に静電バンドがいいとコメントをもらった。すでに自作機組み立て用に静電バンドは持っているのだが、そんなものを素直につける嫁ではないのだった(;_;)。しかし、静電気ということなら、私のほうが静電気体質なんだが・・・。以前、アメリカに行ったとき静電気バリバリで「Oh!StaticMan!」などと呼ばれてしまったのだった。あれはなんだったんだろう?
話がそれた。モニターの話だ。嫁さんのモニターが使い物にならなくなったので、モニターを買うことにした。
そもそもマシンを組み立てるとき、モニターはあるやつでいいといった嫁さんなのだが、新しいものを買うことになったらいいものが欲しくなったらしい。しかし自分で買えるほど裕福ではない(というか遊びすぎだろ)ので、やはり私が買うことになったのだ。しかし、だ。ここで素直に嫁さんのモニターを買ってもいいものだろうか?否!マシンのスペックだけでなくモニターのスペックまで嫁さんの方がよくなってしまったら、私は一体何のために仕事をしているのか分からなくなってしまうではないか。というわけで、私が使っている17”の液晶モニターを嫁さんに使わせ、自分は新しいモニターを購入することにしたのだった。
ネットショッピングも考えたが、すぐにでも必要だっただめ横浜のビックカメラへ行き、19"の液晶モニターを購入した。メーカー名は伏せておこう。17"から19"になっても解像度は変わらないため、全体的に大きくなった印象。17"も19"もスピーカー付きにしたのだが、圧倒的に17"の方が音がいい。こもって聞こえるんだよ、こっち。失敗したかなぁ。同じメーカーの同じグレードのモニターにしておけばよかったか。しかたない。値段も安かったしねー。

ちなみにモニターは処分することになるのだが、前回バラして不要になったノートパソコンとともにPCリサイクルに出さなくてはならない。これがまた面倒なのだが、後日あらためてまとめて書くことにする。

感染/予言

嫁さんと一緒に港北109シネマズにて「感染/予言」を観る。今回は導入されたばかりのインターネット予約を使って前日に席を予約してみた。チネチッタとは違って、クレジットカードを使って認証するシステム。今のところあまり利用者は多くなさそうだ。でも、メジャー作品とかだったら並ばなくていいし、便利だろう。

さて、映画の方だ。「感染」は佐藤浩一、高島(弟)、佐野史郎、南果歩が出演する病院を舞台にしたホラー。あんな病院いきたくないよ(^_^;)。病院という(一般人にとっては)身近で有りながら異質な空間という舞台自体が怖いと言えば怖い。その上、怖がらせる演出盛りだくさんで、ドキドキしたい人はいいかも。ただ、ウチの嫁さんのように、ホラー映画でも何らかの解決───原因とか理由とか───を求める向きには物足りなさもあるだろうな。
もう一方の「予言」は、あのつのだじろうの「恐怖新聞」をベースに、未来の出来事を知ってしまった人の運命を描く作品。びっくりさせるような演出は少なかったが、よく考えると怖い、というシチュエーションが盛りだくさん。三上博史の迫真の演技もさることながら、のりぴーこと酒井法子がいい女になってたのが個人的に良かった(^_^;)ちなみに、「恐怖新聞」の主人公、鬼形礼も出ている。最後はホロッとさせるシーンもあるが、最初に悲劇が起こるので、最終的には(比較上の)ハッピーエンドに持っていかざるをえないともいえる。いやらしい見方だけど。

映画の内容はともかく、酷かったのは観客だ。
携帯電話で時間を見たりメールを打ったり、ペチャクチャと会話したり、持ち込んだ菓子をガサガサと音を立てて食べるだけじゃなく、床に空き袋を散乱させる。PG12のはずなのに、明らかに小学生が親も連れずに見に来ているなどなどとにかく酷い。自宅でビデオやDVD見ているのとはわけが違うんだから。

破壊体質

私が以前使っていたNANAOのモニターを嫁さんに使わせていたら、画面の中央に白い縦線がでるようになってしまった。まぁ、前から調子は悪かったのだが。
それにしても嫁さんの体質なのだろうか。嫁さんが使う家電製品、特にコンピュータ関連機器が良く壊れる。Macにしてもそうだし、プリンタもそう。何かに憑かれているのかそれとも何かを出しているのか。謎だ(^_^;)

雨の日に

午前中、歯医者。薬をつけるだけの予定が、金属が来ていた為取り付けることに。この歯医者、いろいろと説明してくれるのは良いんだけど、長いからうっとおしい。子供じゃないんだから、一度言えば分かるって。

治療中に胸ポケットに入れた携帯がなる。すごい悪いタイミングだ。電源を切っておけば良かったのだが、あまり掛かって来ないので油断していた。
治療後、1時間ほどは飲食しちゃだめよ、というので弁当を買って帰ることに。ペペの地下にある食品街へ降りようとしたら、階段でこけた。肉体的な損傷は軽微だが、精神的なショックが。

家で食事した後、高野山東京別院へ。パソコンのメンテをして帰宅。明日は台風だというので、帰宅途中、食品を買い込む。

I,ROBOT

109シネマズ港北で「I,ROBOT」を見る。雨の平日でこれだけはいっていればいいんじゃない?という感じの入り。半分は埋まっていなかったけど。

最初にこの映画のことを聞いた時、「とうとうアシモフ(アジモフ)の小説が映画化かぁ」と思ったのに、紹介記事読んだら小説とは全く違う話で、どーなっとるねんっ!そういえばチラシに原作者のキャプションもないしっ!またパチモンかーっ!と思ったため、かなりイメージは悪い。その後、アシモフのロボット物の設定だけを取ってきたとか、一応映画化権は買っているなどの情報を知って、多少は挽回したのだが。まぁ、観にいってやっか、くらいの気持ちで見た。

まぁ、なんというか、ストーリーは陳腐だが立て続けのアクションシーンで引っ張っていく展開。思っていたよりも悪くはない。ところでラニング博士とカルヴィン博士って同時代だったっけ?ま、ラストシーンは(自分にとっての)古い
SFって感じで、これからの物語も予感させるようなイメージで良かったと思う。ウィル・スミスのアップで終わりなんて耐えられないでしょ?(^_^;)

某掲示板では、I.ROBOTが攻殻機動隊のパクリだなんてことも言われているが、それは違うだろ。「ロボット」「ゴースト」というキーワードだけで安直に結びつけただけの、言いがかりだね。じゃぁオリジナリティ溢れているか?って聞かれると困るんだけどね。

SEED-D試写会

雨の日曜日。

アフリカ反攻作戦がダラダラと負け続けている。なぜ勝てない>キャリ連。

お昼から買い物がてらに嫁さんと新横浜へ行く。新幹線開通40周年のイベント(というか、毎年なにかしらのイベントがやっている訳だが)で駅前は混雑している。とりあえず買い物をして帰宅。

夕方外出。尾林君のお誘いで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の試写会@有楽町国際フォーラム。はっきり書いておくけど、SEEDに興味はない。キャラがみんな同じだし、パチモンみたいなガンダムがぞろぞろ出てくるのはどうしてもなじめない。許せるのはZZくらいまでかな。Gみたいに突き抜けちゃったら、まぁ許そう。とはいえ、ガンダムである必要性を感じないのだがね。古い?
試写会イベントは、NTT東西とTBSの連携で全国7箇所にブロードバンド配信されるという。しかし、TBSってこういう前夜祭イベント好きだよね。「ウルトラマン前夜祭」とかさ。劇古?
まず、種運のメイキングから始まって、種運第一話、声優さんインタビュー、EDを歌う玉置成美、OPを歌うTM-Revolutionと続く。しかし、なぜ女子が多いの?キャラが画面に映れば、キャー。声優が出てくりゃキャーキヤー、西川貴之がでてくりゃギャーッって、よく喉がつぶれないもんだ(^_^;)。西川貴之が歌うときなんか、2階席だったんだけど2階全体が揺れてたからね。
イベント終了後、チケット半券と引き換えに、ザクウォーリアのガンプラをもらう。ガンプラといっても電撃○ビーマガジンに付くような奴で、関節も固定だ(^_^;)

有楽町で尾林君と韓国料理屋に入り、ビピンパを食べる。ちょっと量が多かったか。有楽町駅で尾林君と別れて帰宅。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »