« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

取材の話

本当の取材の前の、簡単な打ち合わせ。そのはずだったのに。
いろいろな都合で取材となってしまった。準備不足だ。しかも連荘である。
年明けにも取材が決まった。

だんだんと忙しくなってくるような気配。

追記:下書きのまま公開忘れてたよ(^_^;)

久々に新規のお仕事

祝日だが嫁さんの会社は稼働日だ。
祝日だが渋谷で打ち合わせだ。久々に新規のお仕事。ムックのお手伝いだ。
問題は時間的な余裕がないこと。がんばらないと。

掃除♪

昨日から今日にかけて少しずつ掃除をする。
ガスレンジとレンジフードを掃除して、フィルタを交換。窓ガラスの外側を拭く。
あとは部屋の片付けだなぁ。資料類を整理しないと。これは来週以降だ(^_^;)。

遅まきながら年賀状を書いて投函。

災厄の日 その2

で、続き。
といっても一月も前なのか(^_^;)

で、11/14の日曜日。とりあえずビックカメラに行って適当なケースを買ってくる。電源は400w。えっちらおっちら重いケースを持ち帰り、帰宅後中身の入れ替え。起動とWindowsの修復まではうまくいった。しかし、今度はUPSがピーピーと警告音を鳴らす。あぁ・・・今度はこっちの上限に引っかかった(;_;)。しかたがないので、NASの電源はあきらめ、UPSはマシン単独で使うことに。いずれ買わないと。
やれやれ、これで一安心・・・としばらく使っていると、今度はブルースクリーンが多発。うぎゃぁぁぁぁ~!!どうやら、CPU交換のときに損傷したようだ(;_;)で、今度はCPUを交換。

結局、ハードディスクとDVD-ROMを除いて交換したことになる。これなら最初から部品を選択して組み上げた方が安上がりかつ時間の節約だったなぁ。

義弟のパソコン

義弟が来る。
友達からもらったと言うパソコンが動かないので見て欲しいとのこと。とりあえず、キーボードとマウス、モニターだけつけてみると電源は入るがHDDにアクセスしない。メモリを交換しても同じなので、こいつはマザーだな。で、ビックカメラに行ってマザーと(ついでに)メモリを購入する。前回、自分のマザーを買うときには時間がなかったので適当に値段で決めたが、今回はちゃんと機能が付いたものを選ぶ。
帰宅して組み立て。義弟に解説しながら組み上げていく。義弟は自作にだいぶ興味がわいて来たようだ。しかし、このマニュアル、初心者向けになっているのはいいんだが分かりにくいぞ。せめてコネクタの詳細くらい載せてくれ。で、組みあがって電源を入れてみると・・・救急車のサイレンのような警告音が鳴る。メモリを交換したりいろいろとやってみたのだが消えない。BIOSは立ち上がるので気にしなければいい・・・・というわけにもいかず、サポートに電話。30分くらいかけっぱなしでやっと繋がる。CPUファンのコネクタが違うことが判明。マニュアルにはどこでもいい、って書いてあったのに。ま、ともあれこれで問題なし。
と思ったらOSがない。コピーを使わせたくないので、PCデポまで行ってSATA接続の光学ドライブとOEM版のWindowsXP Homeを購入。HDDのフォーマットから初めてOSとドライバ、ユーティリティ類のインストールをしたら夜11時を過ぎていた。

SHIROH

先日、遊び猫こと尾林氏からチケットをもらったので、劇団 新感線のミュージカル「SHIROH」を帝国劇場に観に行く。「島原の乱」をベースにしたロック・ミュージカルで、奇跡の力を失った益田四郎時貞と歌で人を動かす力を持った少年シローのふたりがいたという設定。四郎時貞は上川隆也、シローを中川晃教。そのほか、高橋由美子、(元バービーボーイズの!)杏子、江守徹など。
高橋由美子や杏子の歌がうまいのは予測できたが、意外にも上川隆也の歌がうまくて吃驚。ちょっとイメージになかったからね。江守徹はさすがにシェークスピア役者だけあって存在感はあるが・・・その・・・歌はやめた方がw。

カンフー・ハッスル

銀座ヤマハホールで「カンフーハッスル」(原題:功夫)の試写会。「小林サッカー」のチャウ・シンチーの最新作だ。現地で遊び猫こと尾林氏と待ち合わせたのだが、なかなか連絡を取れずギリギリになって合流。
さて、映画の中身だが「小林サッカー」を観た人間なら想像できるように『お馬鹿カンフー映画』だ。キャッチコピーの「ありえねー」がすべてを物語っている。それでも、ちゃんとストーリーは組み立てられているし、ありがちな「自分大好き、自分が一番」なストーリーと違って、主人公を単純な高潔高貴のスーパーヒーローに描いてはいないところに好感が持てる。何しろ主人公は最初、(というかほぼ最後の方まで)チンピラなのだ。もちろん、最後にはカタルシスを味わえるどんでん返しがあるのだが。ちゃんと伏線も張ってあるしね。
特撮に関しては、ワイヤーアクションとCG合成の嵐なのだが、ほんものらしさを追求するというよりも、チープに見えても面白ければいいじゃん、という感じ。小林サッカーと同じなのだが、一層スケールアップした感じ。
香港映画、カンフー映画が好きならば観て損はないと思う。

ココログって日付指定できない、よねぇ

てなわけで、しばらくブログをさぼりぎみ、といか、さぼり。

12/5は法事。久しぶりにレンタカーを借りて運転。横浜で弟一家をピックアップして国府津へ向かう。西湘バイパスの下りが波の為に通行止めだったため、時間ギリギリに付く。
弟一家を羽田に送る。しかし、帰りの飛行機が欠航。近くのホテルを取って、そこまで送っていく。

その一週間後、嫁さんが友達のところに遊びに言っていた日曜日。
昼ごろノソノソ起きだしたのはいいが、頭痛、吐き気、寒気に襲われる。完全に風邪の症状だ。仕方ないので寝て過ごす。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »