« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

ポケモーン

新しく発見されたたんぱく質が「ポケモン」という名前がつけられたそうな。くわしくはこちらの記事で。そういえば、「ドロンパ」という名前が付けられたたんぱく質もあったなぁ。こっちは点滅する性質から名付けられたそうだが。

結構ネーミングで遊んでいる学者とか技術者とかは多いような気がする。
昔の話だけれど、最初の98NOTEを分解したとき、ASICの名前にスキー場の名前が使われていたときには思わずニヤリとしたね。開発でエンジニアがつらい思いをしているという噂だったからね。みんなスキーに行きたいんだなぁと同情したりw。

アップグレード

マイクロソフトに確認したら「Windows Server 2000からWindows 2003 Serverへのアップグレードパスはありません(だから新規に購入しろ)」との回答をもらう。するってぇとなにかい?Serever 2000と 2003 Serverは別の製品ラインなのかい?バカ言っちゃぁいけねぇよ、サイトであれだけアップグレードを勧めているじゃないか。片方でアップグレードしろって言っておいて、片方でその道を閉ざしているってぇのはなんだか理に適わない気がしてならないんだけどねぇ。どうなのよ。
仕事で使うといっても費用に見合うだけの仕事をさせるわけではないし、ギャラを考えれば完全な赤字だし。仕方がないのでオレンジソフトに行って試験用のサーバーを借りることにした。キャプチャ撮るだけだしね。

アップグレードといえば、システムコマンダーとかいくつかのユーティリティをアップグレードしていない。まぁ、足りてるということもあるけれど、すっかり忘れていたよ。トホホ。

捨てられない・・・ケーブルが

今週初めに仕事で眠っていたサーバーマシンを引っ張り出す。
そのついでに、ごちゃごちゃになっていたジャンクボックス(といってもただの段ボール箱だけど)の整理をする。USBでもPS/2でもない、つまり通信ポート接続のマウスやトラックボールなども捨てることに。使っていないPC-98用(PC-98そのものがない)の通信ケーブルやプリンタケーブルも。ついでにコネクタの部分が壊れたLANケーブルも捨てよう。問題は、SCSIケーブルだ。SCSI接続の周辺機器がCD-Rドライブとスキャナしかない上、どちらも使っていない。従って捨てても問題ないのだが・・・。なんだか捨てられない。まだ何かに使える、というのは結局何にも使えないのだけれど。邪魔なんだから捨てるべきなんだけどなかなか捨てられない。何でだろう?迷った結果、何本かと変換コネクタを残して捨てることにした。

これでだいぶすっきり・・・するはずなのに、あまり変わり映えしないのはなぜ?

ビックカメラがソフマップの

ビックカメラが丸紅からソフマップの株を買って筆頭株主になったというニュースが。
両者は業務提携もしていくそうだから、今後、ビックカメラでソフマップの中古パソコンやら牛丼、バーガーパソコンが売られるのだろうか。
個人的には両方のポイントカードがひとつになればいいなぁと思うのだが(^_^;)

横浜・三越

今日は採血の日。
午前中に横浜へ行く。病院へ行く途中に横浜三越があるのだが、そこが大変なことに。4月の閉店を前にしたセールの内覧会ということで、長蛇の列が。しかもおば妙齢のご婦人方ばかりである。病院から帰る時には、ダイヤモンド地下街の入り口あたりまで列が延びていた。しかも動きつつ。こうやって浪費されていくんだなぁとか、変な感慨にひたる。

帰りがけにビックカメラによって、DVIケーブルとUSBの切り替え器、LANケーブルを購入する。
昨日、嫁さん用マシンのビデオカードを余っていたRADION9500に載せ換えたので、デジタル接続にしてあげようという夫心(^_^;)。というのは表向きでー、ほんとはデュアルディスプレイが試してみたかったのだった。帰宅後配線&設定。あっけないほど簡単にデュアルディスプレイ環境に。でも、GNO2とTVを立ち上げていると、メモリ不足でオーバーレイがうまく動かなかったりするのであまり意味はないなぁ・・・そのうち何かに使えるでしょ。
USB切り替え器のほうは、嫁さんのマシンと私のマシンの両方でスキャナを共有するため。接続だけ済ませて、設定は後回し。

打ち合わせ

土曜日、午後に横浜で打ち合わせ。
前回打ち合わせた仕事は、結局先方の都合でポシャッた。だから、というわけではないけれど、新規2件のお仕事だ。ひとつは以前から予定していたことではあるけれど、厳しい納期だ。もうひとつは、構成案から考える・・・逆算するとこれも結構タイトだよ(^_^;)

Firefox

仕事でFirefoxを使っている。
拡張機能入れまくりなので、軽快さが売りのFirefoxの起動が激重だ(^_^;)

自分のサイトはまぁ特別なこともしていないので、Firefoxでも問題なく表示されたが、仕事で管理しているサイトでちょっとレイアウトが崩れていた。なんのことはない、TABLEタグの中にPタグが入っていただけ。うーん、IEはこれを無視するのか。とりあえずPタグを削除して修正。

追記:Mixiもレイアウト崩れる。Adblockいれてるせいかな?

自分が情けなくなるとき

切羽詰っている時に限って、いろんなことをやりたくなってしまう性格。

そう、今のように。
明日からはエンジン掛けてがんばるぞー(;_;)

通貨偽造


東京新聞こんな記事が。以下、引用。
-------------------------------
偽札対策 プリンターメーカー及び腰
 年末から全国で大量に出回っている偽一万円札はほとんどがパソコン用カラープリンターを悪用して偽造されたとみられる。しかし、既に対策が施されているカラーコピー機と違い、偽造防止機能の導入について、メーカーは消極的だ。高コストなどが理由とされるが、プリンターにも偽造防止策を取るように一九九九年から要請してきた警察庁は「業界は極めて非協力的」と憤慨している。
           (中略)
 かつては高度な技術を持つ印刷関係者の犯行が主だった偽札づくりは、カラーコピー機の普及で容易になった。日本からの輸出製品を使った海外での紙幣偽造が相次いだため、主要メーカーは一九九二年から順次、偽造防止に取り組み、紙幣を複写すると黒くなるといった技術が開発、導入された。
 しかし、高性能、低価格の個人向けパソコンやスキャナー、プリンターの普及に伴って紙幣偽造に悪用するケースが急増。事態を重く見た警察庁は九九年十一月から、業界団体「電子情報技術産業協会」に偽造防止策を取り入れるよう強く要請してきた。ところが、プリンターメーカーは高コスト化などを理由にこれまで消極的な姿勢に終始している。
 警察庁幹部は「コピー機では対応してくれたのに…。引き続き協力を求めていく」と話す。しかし同協会担当者は「投げ売りともいえる価格競争の中で、偽造防止機能を採り入れた際の採算性やその機能が与える性能への影響などを考えると、メーカーが足踏みしているのではないか」と煮え切らない。
 偽札に詳しい偽造通貨対策研究所の遠藤智彦所長は「パソコンで年賀状をつくる程度の知識があれば、誰でも偽札をつくることができる。偽造防止技術の開発や製品化にコストが掛かっても、メーカーは社会的責任として早急に対策を進めるべきだ」と指摘する。
--------------------------------
 もうアホ過ぎ。高価なカラーコピーと安価なプリンターを一緒にするなよ。Winnyの時も書いたけど、警察ってIT関連弱いねぇ。というか、なんでも規制すればいいと思っていることがダメダメですな。警察の幹部も、一度社会に出て経験を積んでから警察の仕事をしてもらいたい。官僚全般にいえることだけど。
 例えばだ。プリンタに偽造防止装置をつけたとする。送られるデータを解析して印刷を中止させる、紙幣サイズの印刷を中止するくらいしか思いつかないんだけど、恐ろしく高価になるか不便になるか、どっちにしろ防止装置を外すあるいは回避するのは難しくないだろう。それにすでに大量の高精細プリンタが流通している状況で、いまさら新しいプリンタにそんな装置つけても無駄。古い機種使えばいいだけの話だもの。プリンタメーカーに協力を頼んでも、無理なことは明々白々。それでもこんなことを公表するのは、プリンタメーカーを悪者にして、後手後手に回る警察の責任を回避しようとしているのでは?と邪推されてもしかたがないのでは?偽造通貨対策研究所の人も同じ。社会的責任って言うのは簡単だけど、プリンタにそれを求めてもねぇ。人をさすこともできるからって理由で包丁メーカーに社会的責任を求めるのかね、この人は?そりゃ、プリンタが通貨偽造に使われている現実に対して、プリンタメーカーが何もしていないことは道義的に疑問がないわけではないけれど、それを社会的責任と言い切ってしまうのはどうかと思うよ。それを言うなら自分たちの社会的責任の方がずーっと重いでしょう。まず、そっちでしょ。

 しかし責任の擦り付け合いをしていても仕方がない。なんとか通過偽造を防止しないとね。プリンタがだめなら、スキャナドライバで紙幣のスキャンを禁止する方が現実的かな。紙幣の一部でもスキャンしようとした時点でエラーにするとか。どちらにしろ、紙幣による偽造防止技術向上が一番ってことかなぁ。

告別式

いとこの旦那さんが亡くなった。告別式で千葉までいく。
ガンで闘病生活を送っていたなんて全然知らなかったのだが、心配させまいと知らせなかったらしい。

人の死というものについて改めて考える。
自分自身は僧侶の道を選ばなかったとはいえ、僧侶の家系である以上、死というものが身近にあった。いや、死そのものではなく、死者を送る行為が特別なものでなかったといった方が正しいか。しかし、実際に死というものを体感したのはやはり肉親の死に接してからだと思う。祖父の死は幼すぎてまだ実感は湧かなかったが、母、叔父と立て続けに失ったときは多感な時期でもあったため影響は大きかったと思う。
だが、なんとか折り合いをつけられたのは、環境のおかげだろう。

死というものに対する受け止め方が他人と違うと感じたのは、結婚後だった。妻が死に対して耐性がないというか、あまりに重く受け止めすぎるのを見てからだ。いや、妻が特別なのかも知れないが。

ゴジラ FINAL WARS

港北シネマズ109で「ゴジラ FINAL WARS」を観る。
平日とはいえ、私を含めて4人(うち子供ひとり)というのは興行的にどうなのだろう?

この作品はゴジラ生誕50周年、そして最後のゴジラ映画ということで気合が入っている。けれど、その気合が空回りしている感じ。
まず、脚本だけど詰め込みすぎのうえに全然こなれていない。すべてがつぎはぎのように感じてしまう。特にミニラ。突然出てきたと思ったら、子供がミニラをかばう。って、あんな等身大の怪獣が出てきたら逃げるだろ、普通。ラストのアレだけのために用意したのか?それにしてもアレはないだろ。
最後だから怪獣全部出すのはいいよ。それならそれでお祭りにしてさ、変にシリアスなストーリーを盛り込もうとするのは中途半端すぎる。各怪獣の見せ場も少ないし。人間のアクションシーンを持ち込もうとしたのは分かるけど、そのアクションシーンがすべてどこかで観たようなアクションばかり。MI:2とかマトリクスとか。あんなシーン作って恥ずかしくないのかな?やるなら、人間のアクションシーンなんかばっさり切って、怪獣のバトルに集中した方がよかったお思う。そのための理由付けは必要だけど、
役者にしても、脇はいいのに主役陣がダメダメすぎる。ゴジラは怪獣が主役なんだから、人間は有名じゃなくても実力のあるひとを選んでほしいものだ。
最後にしてはちょっと残念な出来と言わざるを得ない。とほほ。

青色発光ダイオード裁判、和解

青色発光ダイオードの発明者、中村氏が日亜を訴えた裁判が和解した。中村氏は大変不満のようだ。
私はどちらかといえば中村氏の意見に賛同する側だな。いろいろな意見があると思うが、一番の問題点は日亜化学の対応だろう。元々開発時に報いていればこんなことにはならなかったはず。研究しているときに冷遇し、開発した後も報奨金2万円だけというのはあまりにもあまりの仕打ちだと思う。日亜の古い体質が原因なのだろうけれど。
こうした企業ばかりだと、今の時代はエンジニアが育たない。というより理系はやる気を無くすぞ。

UPSとスキャナ

9日に購入したUPSとスキャナが到着。
早速配線。電源周りはかなりすっきりした感じ。
スキャナは軽い(;_;)今までのがなんだったんだ、というくらい、軽い。以前プリンタでも同じようなこと感じたなぁ。とりあえず使えるようにはしたけれど、設置場所が前のスキャナの上なので、なにか考えないといけない。とりあえず前のスキャナを処分しないと。

買ったもの

日曜日、ビックカメラに行ったついでにスキャナとUPSを購入。今使っているUPSは嫁さん用にして、スキャナは廃棄処分するしかないか。EPSON GT-9500+透過原稿ユニット、長年よく働いてくれたが、SCSI接続だしね。ふたつ合わせると結構重いので、宅配便で送ってもらうことにする。到着は火曜日。

久しぶりにGNO2話。
キャリフォルニアサーバー、連邦軍初勝利。(前回は防衛成功だったので)すごい勢いで進行度が進んだ。人数補正をいれた影響だ。前クールを返せ。

エイリアン VS プレデター

109シネマズ港北で「エイリアン VS プレデター」を観る。どちらかというと、嫁さんのリクエスト。
洋の東西を問わず、このような別々の作品を合体させたような(最近の言い方を借りれば「コラボレーション」)映画は、なんとなくパチモン的なイメージがぬぐえない。「ゴジラ対キングコング」とか「マジンガー対デビルマン」とか、最近だと「ジェイソン VS フレディ」とか。まぁ、そんなイメージで正解(^_^;)。劇中にも「フランケンシュタイン対狼男」の画像がちらっと映ったりして、製作側も認識はしているんだなぁと思ったり。
細かいところをついていくといろいろアラを見つけられるのだが、ここでネタばらししても詰まらないからやめよう。にしても、エイリアン弱すぎ。確かにシリーズの方でも回を重ねるごとに弱くなっていくのだが・・・。いい点として上げられるのは、ランス・ヘンリクセン演じるところのビショップの存在だろう。うまいこと嵌め込んだな、という感じ。別な言い方をすれば、ランス・ヘンリクセンが出てなければダメダメな映画になっていたかも知れないということだね(^_^;)

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2005年ですよ。ほんとに。

新年早々、というか、大晦日あたりからルーターの調子が悪い。ネットワーク切断が頻発するという、以前、熱暴走でいかれた時と同じ症状。しかし、サポートは年末年始で停止。なんでこんなときに。

仕方がないので、嫁さんと一緒にビックカメラに行く。
しかしまぁ、ルーターも安くなったなぁ。という訳で、コレガの有線ルーターを購入。ついでに調子が悪いという嫁さん用のキーボードも購入。元旦からお金つかっちゃったなぁ・・・。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »