« 告別式 | トップページ | 自分が情けなくなるとき »

通貨偽造


東京新聞こんな記事が。以下、引用。
-------------------------------
偽札対策 プリンターメーカー及び腰
 年末から全国で大量に出回っている偽一万円札はほとんどがパソコン用カラープリンターを悪用して偽造されたとみられる。しかし、既に対策が施されているカラーコピー機と違い、偽造防止機能の導入について、メーカーは消極的だ。高コストなどが理由とされるが、プリンターにも偽造防止策を取るように一九九九年から要請してきた警察庁は「業界は極めて非協力的」と憤慨している。
           (中略)
 かつては高度な技術を持つ印刷関係者の犯行が主だった偽札づくりは、カラーコピー機の普及で容易になった。日本からの輸出製品を使った海外での紙幣偽造が相次いだため、主要メーカーは一九九二年から順次、偽造防止に取り組み、紙幣を複写すると黒くなるといった技術が開発、導入された。
 しかし、高性能、低価格の個人向けパソコンやスキャナー、プリンターの普及に伴って紙幣偽造に悪用するケースが急増。事態を重く見た警察庁は九九年十一月から、業界団体「電子情報技術産業協会」に偽造防止策を取り入れるよう強く要請してきた。ところが、プリンターメーカーは高コスト化などを理由にこれまで消極的な姿勢に終始している。
 警察庁幹部は「コピー機では対応してくれたのに…。引き続き協力を求めていく」と話す。しかし同協会担当者は「投げ売りともいえる価格競争の中で、偽造防止機能を採り入れた際の採算性やその機能が与える性能への影響などを考えると、メーカーが足踏みしているのではないか」と煮え切らない。
 偽札に詳しい偽造通貨対策研究所の遠藤智彦所長は「パソコンで年賀状をつくる程度の知識があれば、誰でも偽札をつくることができる。偽造防止技術の開発や製品化にコストが掛かっても、メーカーは社会的責任として早急に対策を進めるべきだ」と指摘する。
--------------------------------
 もうアホ過ぎ。高価なカラーコピーと安価なプリンターを一緒にするなよ。Winnyの時も書いたけど、警察ってIT関連弱いねぇ。というか、なんでも規制すればいいと思っていることがダメダメですな。警察の幹部も、一度社会に出て経験を積んでから警察の仕事をしてもらいたい。官僚全般にいえることだけど。
 例えばだ。プリンタに偽造防止装置をつけたとする。送られるデータを解析して印刷を中止させる、紙幣サイズの印刷を中止するくらいしか思いつかないんだけど、恐ろしく高価になるか不便になるか、どっちにしろ防止装置を外すあるいは回避するのは難しくないだろう。それにすでに大量の高精細プリンタが流通している状況で、いまさら新しいプリンタにそんな装置つけても無駄。古い機種使えばいいだけの話だもの。プリンタメーカーに協力を頼んでも、無理なことは明々白々。それでもこんなことを公表するのは、プリンタメーカーを悪者にして、後手後手に回る警察の責任を回避しようとしているのでは?と邪推されてもしかたがないのでは?偽造通貨対策研究所の人も同じ。社会的責任って言うのは簡単だけど、プリンタにそれを求めてもねぇ。人をさすこともできるからって理由で包丁メーカーに社会的責任を求めるのかね、この人は?そりゃ、プリンタが通貨偽造に使われている現実に対して、プリンタメーカーが何もしていないことは道義的に疑問がないわけではないけれど、それを社会的責任と言い切ってしまうのはどうかと思うよ。それを言うなら自分たちの社会的責任の方がずーっと重いでしょう。まず、そっちでしょ。

 しかし責任の擦り付け合いをしていても仕方がない。なんとか通過偽造を防止しないとね。プリンタがだめなら、スキャナドライバで紙幣のスキャンを禁止する方が現実的かな。紙幣の一部でもスキャンしようとした時点でエラーにするとか。どちらにしろ、紙幣による偽造防止技術向上が一番ってことかなぁ。

« 告別式 | トップページ | 自分が情けなくなるとき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/2581194

この記事へのトラックバック一覧です: 通貨偽造:

» [速報]  今度は偽造500円硬貨! しかも大量。 [NewsToday-2]
財務省は3日、分、熊本、東京の3都県で偽造の疑いがある新500円硬貨が 計5583枚見つかったと発表した。これらの硬貨を含め計1万5565枚が郵便局の 複数の特... [続きを読む]

« 告別式 | トップページ | 自分が情けなくなるとき »