« 今日のニャンコ | トップページ | ジョージ・タケイ氏サイン会 報告 »

バッファローのサポート

前回、サポートからの回答は意味不明だったので、さらに質問したところ、
バッファローのサポートから返事が来た。

> HD-LANシリーズでは、標準でファイルを圧縮する機能として、
> 「簡単バックアップtoHD」での圧縮バックアップを確認を行っております。
> そのため、「Windows標準の圧縮」をネットワーク経由で行った場合の動作につきまして、
> 対応できるかどうかのご案内できる情報がございません。
> お客様のご希望に添えず、大変申し訳ございませんが、
> あしからずご了承のほど、お願い申し上げます。
> LinkStationではZIPファイルの保存は可能ですので、
> 簡単バックアップtoHDなどを使用せずに、ZIP圧縮ファイルをLinkStationに保存される場合は、
> 予めWindowsXP上で圧縮して頂き、圧縮後ファイルを保存して頂きますようお願いします。

要は、ネットワーク経由での圧縮は試していないから情報がない、だからわからんよ、ということらしい。
WindowsXPに対応しているといいながら、その標準機能は試していないんだ・・・。
というか、試すだけならすぐできるじゃん。ダメダメだな、バッファローのサポート。
サポートに関しては、IOデータの圧勝(私の中では)だね。
別に言いがかりを付けて製品交換してもらおうなんてセコイつもりはまったくないんだが、それならそれで
「Windowsからの一部操作に制限があります」と明記してほしかったよ。

ちなみに、Windows XP Professional から Homeの共有フォルダにあるファイルを複数選択して圧縮してもエラーは発生しない。
ベースがLinuxだからか?
でも、圧縮時のテンポラリファイルはローカルで(システムのあるマシンで)作るんじゃないの?
教えて>えらいひと。

« 今日のニャンコ | トップページ | ジョージ・タケイ氏サイン会 報告 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

結局は「圧縮時に発生するテンポラリファイルの書き込み/消去」が問題になっているって事でしょうね。
Windows側で調整出来ないモンですかね。レジストリとかいじって。

>ベースがLinuxだからか?

おそらくはSamba側に責任があるんじゃないかと。
最新版(3.xだっけ?)にすれば解決する様な気もします。
もちろん、Netatalkも2.xにしてcjk-patchを充てて中身(FileName)がUTF-8で保存されれば万万歳・・・になるのか?

べつにえらくはないんですが(仕事はえらいか:w)、わかる範囲で(^^ゞ
ソフトにもよりますが、普通はたとえばUNLHA32.DLL で圧縮するとテンポラリフォルダ(普通はローカルに設定されてると思う)に圧縮されて、それから出来た書庫ファイルが実際のターゲットフォルダに移動されます。
だから単一ファイルか複数ファイルかで挙動が変わるってのは、読み出しの問題なんでしょうかね?
ローカルの複数ファイルをNASへ圧縮する場合でもダメなんでしょうか?

症状見てると、なんとなく Netbios の実装上の問題みたいな気もしなくはないですが・・・Windows でも9xあたりの実装はタコで、Win9x同士でコピーとかすると遅い上によくこけます(-.-)
Xp だと問題ないので、Samba の実装も・・・

それにしてもメルコのサポートは昔っからそんなもんです(笑
やっぱり自分とこで作ってないからでしょうね。
ISDNのルータもそんな感じだったし、NASも造りが似てるからやっぱりあの会社製なのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/4260667

この記事へのトラックバック一覧です: バッファローのサポート:

« 今日のニャンコ | トップページ | ジョージ・タケイ氏サイン会 報告 »