« 次世代ゲーム機って | トップページ | 蓼食う虫も好き好き »

資生堂とホイチョイ

資生堂で思い出したのでついでに書いておこう。

資生堂のアデノゲンだ。

最初は横尾忠則氏の作品にそっくりなCMでけちをつけ、今回は薄毛の人を馬鹿にしたレポートをサイト上で展開してしまった。
「不適切」だったという広告の内容を見たけれど、もう「不適切」なんてもんじゃなくて、悪意を持って作っているとしか思えない。絵柄からして、あの「ホイチョイ・プロダクション」の製作だろうと予測される。悪乗りしすぎである。ホイチョイに関しては、以前から悪乗りしすぎの傾向があったが、本人たちも「まぁ、これがギリギリなんじゃないの?」とそういうところを狙っているとしか思えない。ギリギリ、つまり一部の人たちには不快感を与えるけれど、その他の人々には悪いこととは思いつつニヤリとしてしまうという、いわば負の共感を得ようとしていたのではないか?それがだんだんと「ここまではいいんだ」「ここまではいけるだろう」とエスカレートしてしまったのだろう。
しかし、だ。アデノゲンは育毛剤だ。販売ターゲットは薄毛に悩む人たちのはず。そのターゲットを馬鹿にするような広告戦略が受け入れられるはずがないではないか。ホイチョイがどの程度までかかわっていたのかは知らないが、広告代理店として失格だ。それを許可した資生堂も同罪である。

別の角度から見てみよう。
件のレポートでは、「薄毛になったら子孫も困る」というようなことが書いてある。だからアデノゲンを使おうと。
(薄毛は女性に嫌われる、というようなことも書いてあるが、あまりにも馬鹿らしいのでこちらは放置)
薄毛の原因が遺伝による部分が大きいことは知られていることだ。つまり、アデノゲンは遺伝子に作用する化学物質なのである!どうにかして細胞に侵入し、DNAの薄毛に関わる部分を書き換えるのだ!
DNAの一部分を切り取って別の塩基に置き換えるのだろうか?それともRNAのような構造を持っていて、細胞が分裂する際に書き換えるのだろうか?
さらに、頭皮だけの細胞を書き換えても意味がない。(本人はよくても子孫は関係ないから)
となると、生殖細胞に侵入する必要がある。わざわざ睾丸にアデノゲンを注入するはずもないから、何らかの方法で頭皮に散布されたアデノゲンウィルス(DNA書き換えちゃうんだからウィルスって言っていいよねぇ)は頭頂から股間まで移動するに違いない。外皮を伝っていくのは効率が悪いから、細胞のすきまから体内に侵入、血管を通って睾丸へ達するのだ。しかもそれを自立的にやらなければならない。
恐るべし、資生堂!
さらに資生堂の陰謀は進む。生殖細胞で遺伝子を書き換えられるなら、薄毛遺伝子だじゃなくほかの遺伝子コードも書き換えられるだろう。そうだ、永続的に資生堂製品を使わせるために、資生堂の化粧品を使わないとボロボロになってしまう肌にしてはどうか?他社製品では直せないような剃刀負けする皮膚はどうか?資生堂の紫外線防止ローションしか受け付けない肌はどうだ?
こうして資生堂による人類支配が完成するのである。おぉ、ビックブラザー資生堂。

後半は冗談である。くれぐれも。念のため。
資生堂がそんなことを企んでいるとは思っていません。いや、ほんとに。ほんとだってば。
うぉ、何をするっ!お前たちは誰だっ!うぅっ・・・・(プツン)

« 次世代ゲーム機って | トップページ | 蓼食う虫も好き好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/4177668

この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂とホイチョイ:

» 気になるニュース「資生堂」「TBS」さんのその後は? [たまちゃんのてーげー日記]
個人日記です。 GW前から始まっている資生堂さんの問題ニュース「薄毛はあなた一人の問題ではありません。子孫も迷惑です」のその後はどうなったのだろう? 資生堂さんは、該当HPのレポートを削除、及び、謝罪文を出して終了なんでしょうか?公式に、マスメディアの前(テ.... [続きを読む]

» 資生堂、遺伝子改造薬販売?? [shoda T.的うぇぶログ]
せっかくだからトラックバックしておこう(^^ゞ 日々是口実 -- backyard --: 資生堂とホイチョイ しっかし面白すぎ。笑った。面白すぎるよ、水野さん(笑 でも元ネタの資生堂はいただけないなぁ。 薄毛で子孫が迷惑?なんじゃそりゃ(-.-) TVはめったに見ないから、横尾似と言う広告も、現状の広告も知らない。問題になったWEB上でのレポートも読んでなかったが・・・ 探せばいくらでも見つかる...... [続きを読む]

« 次世代ゲーム機って | トップページ | 蓼食う虫も好き好き »