« 単線って・・・ | トップページ | 単線って・・・(BlogPet) »

2005/06/24

バイオプリンティング

JFEには、KASTの馬場さんと一緒にいったのだが、そこで馬場さんに医学博士の中村さんに紹介された。
その中村さんが研究しているのが「バイオプリンティング」だ。
カンタンに言ってしまえば、生体組織をプリンティング技術で作っちゃおうというもの。
インクジェットプリンタの技術を使って、細胞を三次元的に印刷していくという。ノズルから細胞を吹き付けてそれをブロックのように積み上げていくイメージかな。
最初は血管を作ることを目標にして、最終的には心臓などの臓器を移植希望者本人の細胞で作り上げるのだという。
私がリュック・ベッソンの「フィフス・エレメントのイメージですね」といったら、中村先生は「キューティーハニーあるでしょ?ハニーフラーッシュ!って。あのイメージなんです」と(^_^;)結構おちゃめな先生のようだ。

なんでこんなことを考えたかというと、今、日本では子供の臓器移植が認められていないために、交換する臓器が必要なら海外にいかなければならないという現実があって、でも海外なら臓器がふんだんにあるか、といえばそうでもなく。現地の人にしてみれば、自国民を優先したいのは当然の感情で、なおかつ日本人は臓器を金で買うのかという反発も生まれる。そうした現状の中、クローニングやES細胞による臓器の培養技術に注目が集まっているが、培養だとちゃんとした臓器になるまでは20年も掛かってしまい、実用的ではないのだそうな。

うぅむ。将来有望ならベンチャー立ち上げて実用化、ってことになるんだろうな。なるといいな。

|

« 単線って・・・ | トップページ | 単線って・・・(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイオプリンティング:

» ヒューマンボディショップ [誰でもわかる!最新医学ニュース]
僕の発行するメルマガ 『誰でもわかる!最新医学ニュース』では臓器移植や再生臓器などの話題がよく出てきます。 それほど現在の医療の焦点となっている このトピックに迫った本を紹介します。 『ヒューマンボディショップ』という本です。 この本は題名通り、 人... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 11:44

« 単線って・・・ | トップページ | 単線って・・・(BlogPet) »