« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

夢の話

ひとりめは 年上の人
なんでもやさしく 教えてくれた
ふたりめは 同級生
なんとなく 流されて付き合った
さんにんめは 強引なひと
別れ際まで 情けない人
よにんめは あなた
この出会いが 運命と思った

ずっと一緒にいる なんてかなわない かもしれない
だから一緒にいる 今この瞬間を大切に 大切にしたい
一秒ごとに 思い出を重ねていくの

ひとりめは 大きいひと
なんでもやさしく リードしてくれた
ふたりめは おないどし
でも恋じゃない 愛じゃなかった
さんにんめは ひどいひと
体も心も 傷ついてしまった
よにんめは あなた
もう壊したくない この絆だけは

-----------------------------------
え~、何をトチ狂ったかと思われるかも知れませんが、これは夢の中で出てきた詩です。
少し補ってはいますが、ほぼこんな形で。

シチュエーションとしては、テレビのオーディション番組で選ばれた男女二人組みのデュエットが、テレビの生放送でデビュー曲を披露するわけです。その後に、テレビ局の了承なしにふたりをプロデュースした女性シンガーが勝手に歌い出した、というのが上の歌です。
その女性シンガーはデビューこそ華やかでしたが、長く不幸な時代を経験していました。プロデュースを任されるほど実力はあるのですが、なぜか運に見放されている、という女性です。

なんでこんな夢を見たのか、こんな詩が浮かんできたのか、自分でもまったく分かりません。なぜでしょう(^_^;)?改めて読むと、むちゃくちゃ恥ずかしい内容ですし。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。今日(0時またいでいるけど)は多いな(^_^;)

・第10番目の惑星? 冥王星の1.5倍の天体を発見

太陽系十番惑星

NASA-Funded Scientists Discover Tenth Planet

スペースシャトルで注目されている今のうちに、というわけでもないだろうが、NASAが「10番目の惑星を見つけた」と発表した。朝日の記事毎日MSNの記事産経の記事、いやぁ、科学ニュースが多いのは非常に結構なことだ。

近日点が36AUで遠日点が97AUの楕円軌道を描く、冥王星の1.5倍の大きさを持つ惑星だという。質量はどのくらいなんだろうか?まぁ、オールト雲までの間に惑星のひとつやふたつあっても不思議はないけどね。軌道は発表されていないようだけど、黄道面にあるならエッジワース・カイパー・ベルトの範囲内だし、これだけ極端な楕円形軌道だと彗星と分類されてしまう可能性もなくはないかも。ただ冥王星より大きいから、これを惑星としないと冥王星の立場が危うくなるね。これを機に、惑星の明確な定義が天文学会でなされる方向に進むかな?

まぁ、恐らく惑星と認定されるまでには、まだ数年は掛かるでしょう。観測できる望遠鏡も限られているし。認定と同時に命名されるのかな?恐らくギリシャ神話の登場人物(神様限定w)になるだろうが。ブックメーカーのネタになりそうだなぁ。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・ディスカバリーの耐熱タイルの損傷

耐熱タイル損傷に関する追加情報です。

火星に氷

火星の氷
Photo:ESA/DLR/FU Berlin(G.Neukum)

写真はESAの火星探査船MarsExpressからのもの。
詳しくは、ESAの特設ページで解説とともに見ることができる。高解像度の写真もある。
北極付近のクレーターで、直径約35km、深さ約2kmというから、氷塊の大きさもかなりのもの。火星は今晩夏だからドライアイスは蒸発しているため、純粋な氷塊と推測されるとのこと。

やっぱり次は火星開発なのかw
日本は遅れないようにしないとなぁ。とりあえず自力で探査船を飛ばせるくらいにならないと。


-------------------------------
火星のテラフォーミングといえば、この小説。
レッド・マーズ 創元SF文庫
キム・スタンリー ロビンスン/著 大島 豊/訳

レッド・マーズ〈下〉

地球を旅立ってから火星の開発までを緻密に描いた作品です。まぁ、それだけじゃ終わらないんですけど。
続編の「グリーン・マーズ」も刊行されている。
実は3部作で、最後の「ブルー・マーズ」はまだ翻訳されていない。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・ディスカバリーの機体に損傷? 6か所を再点検

Windows Vistaのフォント環境

Windowsの次期バージョンWindows Vista(TM)において日本語フォント環境を一新

目玉は新デザインのClearTypeフォント「メイリオ」とJIS X 0213:2004対応ということらしいですな。

Windowsのフォント環境に関しては、Windows 3.0あたりから業務として携わっていたので、ああそうかと流すわけにもいかずw

メイリオは「明瞭」からネーミングを変えたというはなし。ちゃんと作ったんだね。ちゃんと依頼して作って、名前も公開しているから、MS明朝/ゴシックの時のようなドタバタの心配はないな。

むしろ心配なのは新JIS対応の方か。新JISってのもおかしないいかただ。「最新の」JISコードだね。うん。
これまでも旧字体の扱いとかでいろいろと文句が出ててたからね、今回はそれ以上に多いんじゃないかと。まぁ、外字コードで対応するしかないとは思うけれど、標準フォントのサブセットとしてMSが提供するとは考えにくいから、字体の違いを吸収するフォントセットを出せばビジネスチャンスになるかも。文字コード置換ツールとセットで。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・スペースシャトル、以後の打ち上げ凍結
・ディスカバリーの耐熱タイルは大丈夫か?

オービターの耐熱タイル剥離についてはテレビなどでも詳しく報道していますね。
フジテレビが楽観的な報道なのに対して、テレビ朝日は悲観的な報道です。
まぁ、地上でいくら不安がってもしかたないのですが。

和洋折衷・続報(BlogPet)

きょうシャムは、ひろ2号はこはblogしたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」がVague Love 〜Virtual Reality〜を読んで書きました。

今日のニャンコ

saba10

久しぶりにニャンコ。
実は昨日も洗濯機の上で寝ているところを見かけたのだが、台風が来襲しているときだったのでスルーしてしまった。今日はおわびも兼ねてしばらく遊ぶ。
写真は「なんじゃい、ワレ」という感じになっているが、私の接近に敏感に反応しているだけなのよ。
ちょこっと見切れている黒猫の方は、いつもひざの上に乗ってきたがる。今日も蹲踞の姿勢をしていたら乗ってきた。うーん、そんなにひざの上が好きかw

液晶テレビが来た

液晶テレビが来た。

結局、迷ったけどSONYの「ハッピーベガ」の32型にした。32型で20万切ってたのは、これと東芝の一機種だけだったから。やっぱり決めては値段かな。値段さえ安ければプラズマにしたのにっ!ってムリw
実際、家計的にはヤバイ。最近ヤバイを良い意味で使う若者がいるらしいが、違うぞ。ヤバイのだ、危険なのだ、レッドゾーンなのだ。あぁ、それに反比例するように進まぬ仕事。とほほ(;_;)

29型のリプレースなので横幅はそれほど変わらないはず・・・なんか妙に大きい気がするんですけど。

地上デジタル対応機種だけど、CATVは地上デジタル非対応チューナーだし、元々デジタル信号のスルー配信してないし。マンションのアンテナも対応していないらしい。理事会に言ってみるか?ムリだろうなぁ。

ブラウン管特有の突入電流がボヨォ~ン、というのがなくなっただけでも静かに感じるなぁ。
とりあえずテレビ台を買って、テレビ周りを整理したい。がんばろう。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・スペースシャトル打ち上げ成功。

なにはともあれ成功おめでとう!画像つきです。

おんなじ東映だからいいのかw

魔法戦隊マジレンジャー。

定番の京都ロケ。今年は2本取りじゃないのかな?
敵がそれまで西洋ファンタジー系のクリーチャーだったのが、いきなり「ニンジャ」ってw
しかも登場シーンが「仮面の忍者 赤影」のパロディですよ。ちっちゃなお友達は分からなくても、一緒に見ているお父さんたちなら・・・・わかるか?微妙に年代を外している気もするが。
ついでに、マジレンジャーたちの忍者コスチュームも赤影のパロディですな。そこまで行ったら「だいじょ~ぶ」もやってほしかったのになぁ。

変な夢

変な夢を見た。

誰かの家庭教師になっている私。
「いいか、なんでも関連付けて覚えれば覚えやすいんだ」などと言い、お腹がすいたら時間が分かるみたいなことを延々と説明している。

夢というよりもまどろんでいるときに頭が考えたことなのかもしれない。
その中ではちゃんと理路整然としていたように思えたのだが、今あらためて文字にしてみようとするとなんだかおかしい。そんなもんか。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・26日の打ち上げに向けてカウントダウン開始

カウントダウン開始から軌道到着までのシークエンス表つき(^_^;)

地震だー(((( ;゚Д゚))))

いきなりきたよ。
最初はちょっとだけゆれて「ん?」って思ったらグラグラと。
とりあえず棚のものとかは落ちてこなかったんだが・・・
嫁さんのパソコンデスクからボロボロと物が落ちて来た。
少しは片付けなさい(-_-;)ノ嫁

追記

震度5弱。確かに大きい地震だった。
買い物するのに外に出たら、エレベーターが止まっていた。
非常階段で遭遇した管理人さんに聞いたら、病院が優先で
マンションの復旧はその後とのこと。当たり前だわな。

サイエンスウェブ更新情報(BlogPet)

きょう、ここにひろ2号がシャトルへ追加したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・シャトルの打ち上げは、26日以降に

姑獲鳥の夏

久しぶりに嫁さんといっしょに109シネマズ港北で映画を観る。

京極夏彦原作の『姑獲鳥の夏』。監督は実相寺昭雄。

正直に言うと、原作は文庫版が出てすぐに買ったのだが、最初の数ページだけ読んで頓挫している。別に読みにくいという訳ではなく、「こんな厚い文庫、持ち歩けるかー!」ってんで寝るときに読もうと思っていたのだが、そうするとなかなか読む機会がなく、ズルズルと読まないままになってしまったのだ。今は分冊版が出ているらしいので、そっちならよかったかも。

ということで原作についてもほとんど知らない状態で映画を観た訳だ。実相寺監督は好きな監督なので、密やかな期待は抱いていたのだが、実相寺イズムというかおっとなるような演出は薄くなっていた気がする。時折見えるのだけれど、ストーリィを逸脱するような演出は見られない。そういったのを期待していくとがっくりくるかも(って私だけか(-_-;)・・・)
普通のミステリィとしては、及第点かな。嫁さんは、永井正敏演じる関口の行動が許せないらしい。
うーん、あれはほれ、『淡い初恋のおもひで』なのだよ。キミ。
しかしね、もうね、テレビの罪としか言えないのだが、宮迫にしても阿部寛にしても、ちょい役で出てくるマギーにしてもテレビでよく見かけちゃうからね、なんかこう、違和感が。うん。その点、永井正敏とか堤真一とかは良かったかな。田中麗奈は浮いていたけどねw

ツマミにつまませてー

Mixi経由で

鍬形ツマミ@ウェブテント

私は好きだよー。特に自己紹介の「異種間交配~!」というのがw
嫁さんはダメみたいだが。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました

・シャトルの打ち上げは、さらに延びる可能性も

嫁さん休日

嫁さんが休み。
お客さんが来る予定なので、ちょっとだけ片付け。
ぜんぜん片付かない(^_^;)

汗をかいたのでジムへ行く。あぁ、自転車だと速いなぁ。
なぜか今日は人が多い。なんでこんなに混んでいるんだろう?

なんだかとっても疲れた・・・何かに体力奪われている?w

サイエンスウェブ更新情報(BlogPet)

きょうシャムは、ここで追加された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

自転車~

自転車が来た。

これでジムにも通いやすくなるなー。がんばろう。

サイエンスウェブ更新情報

サイエンスウェブのサイエンス・ウォッチに以下の記事が追加されました。

・スペースシャトルの打ち上げ延期

7月中に発射できないと、次は9月にずれこむそうです。うーん。

内視鏡検査

といっても私ではなく嫁さんがw

5月(だっけ?)の健康診断で胃にポリープが見つかった嫁。
今日、午後から待ち合わせて私のかかりつけのクリニックで内視鏡検査を受けた。
ココだけの話、本人は内視鏡検査を嫌がって嫌がって嫌がっていた。夢に見るくらい。
実際にはあっけないもので、正味40分ほど。しかも、ポリープのサンプルを取ろうとしたら、ポリープごと取れちゃったということで、これでお終いということになった。ちっ、運の良い奴。

それにしても内視鏡検査の前後で食事が摂れないつらさを私に八つ当たりしないで欲しいなぁ。
あ、私も人間ドック申し込まなきゃ。

今日のニャンコ

クロにゃんこ

いつもサバばかりなので、今日は黒にゃんこ。
3匹を相手にするのは大変だよw

ラー博の夏麺

金曜日の昼飯はラー博にした。
現在、ラー博では各店が「夏麺」を販売している。

これまでに春木屋と井出商店、こむらさきは既に食べて、金曜日はけやき。

春木屋はつけ麺タイプ。味噌だれが濃厚。
井出商店はサラダ麺という感じ。ドレッシングで食べる麺。
こむらさきもつけ麺、味噌だれ。春木屋よりもあっさりしたタレだけど、別皿でアスパラやミニトマトなどの野菜がついたり、麺を食べ終わった後に割りスープとデザートがつくので満足感はばっちり。デザートも変わっていて、パプリカのシロップ漬けのゼリーで甘くなくてGOOD。

で、問題はけやきだ。まずは写真を見てもらおう(^_^;)
けやきの夏麺
ビールのピッチャーに氷とドライアイス、キャベツに麺、細切りの人参ともやし、豚肉のみそ焼きという構成。
麺はしょうゆだれにつけて食べる。
まずね、食べにくい。「肉はきゃぺつに巻いてお召し上がりください」といわれたが、キャベツが麺の受け皿みたいになっているので、ある程度麺を食べないと肉が食べられない。しかも、麺の位置が高いから中腰にならないと見えない。ドライアイスの煙は涼しげな様子の演出だろうが、氷とドライアイスがピキピキバキバキと目の前で音を立てるのはどうだろう(-_-;)そして、氷とドライアイスにくっついた麺が取れない、麺の量も少ない・・・。肉も単品で食べればおいしいのかもしれないけれど、味が濃すぎる感じがした。
久しぶりに失敗したなーって感じだ。演出に凝るのも結構だが、もう少し食べやすさを考えて欲しかったな。


タイミング

日によってタイミングの良し悪しというものはあるもので、
タイミングの悪いときにはいろんな意味で悪いことが重なったりする。

一方、タイミングが良い日というのは、電車の乗り継ぎが良かったり、たまたまよったお店でセールをやっていたりと、まぁ、良い方はこんなレベルだw

できれば始終タイミングよく生活できればハッピーなのか?というと、私の場合、タイミングがいいと調子に乗って思わぬ落とし穴に落ちることもしばしばなので、まぁ、すこしタイミングが悪いなぁくらいでいいのではないかとおもったりもする。

何の話かって?だから、タイミングの話(-_-;)

シェアウェアの不正使用(BlogPet)

シャムがここで発生しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

テレビが・・・

2~3週間前くらいから、テレビの画像が一瞬暗転してしまう症状がでるようになった。
最初はケーブルテレビのエラーかな?と思っていたが、どうやら違うらしい。

今朝になってその現象が頻発するようになった。
6年ほど前に購入したSONYの28型ベガ。そうか、もう駄目か・・・orz

センター南に自転車を買いに行ったついでにLAOXでカタログを貰ってくる。
やっぱり次は液晶かな。取材したからプラズマにシンパシーを感じているのだが(^_^;)
いかんせん高すぎる。手が出ない。

とりあえず、あっちゃこっちゃからかき集めるとして、予算はゴニョゴニョ・・・うぅ(;_;)
オープン価格のおかげで価格もよく分からん。
しかし、想定外のことなので、何にしたらいいのか迷ってしまうー。
ひさしぶりに価格.comを使ってみようかな。買うのはビックカメラだとしてもさw

シェアウェアの不正使用

オンラインソフトには、フリーであれシェアであれ、問題が発生することが(そう頻繁ではないにせよ)ある。市販のパッケージとは異なり、作者と利用者の距離が近くなることで生まれる問題が多いように思う。もちろん、距離が近くなったことによるメリットの方がはるかに大きいのだけれど。
オンラインソフトは、コミュニケーション面でもパッケージソフトとは異なるのだ、ということ。

さて、Mixi経由で知った話だ。詳しい話は知らないが、どうやらシェアウェアの不正使用に起こった作者が、自分のソフトの中にウィルスを仕込んで公開してしまったということらしい。現在では同ソフトは公開されておらず、作者のページも閉じている。
気持ちは分からなくもないが、これでは「路上駐車に怒ってタイヤに千枚通しをつきたてるおっさん」と違いはない。犯罪に対して犯罪で対抗してはいけない。しかも、一人だけの問題ではない。オンラインソフト全体の信用を下げることにもなりかねない事件なのだ。

追記:「窓の杜」の記事にもリンクを貼っておこう。不正なライセンスキーで“トロイの木馬”が発動するシェアウェアが公開停止に

作者には反省を促すとして、それとは別にシェアウェアの不正利用もなんとかしなくてはならない。
Mixiのトピでは費用さえ払えばオンライン認証が利用できるサービスの話題も出ていた。確かに、こうしたサービスを利用することでシリアルNoの不正利用は防げるかもしれない。
だが、数が出れることが分かっているなら30万円出せるかも知れないが、そういうシェアウェア作家ばかりではないだろう。(知っている範囲ではそうでない場合が大多数だ)また、個人情報保護法の絡みからもどうなの?という気がしないでもない。

こうした問題に限らず、企業と違って個人でやっているオンラインソフトの作者はリソースが不足する場合が多々見かけられる。以前からのアイディアとしては、オンラインソフト作者のための互助会に似た組織を作って、バックアップしていければいいなぁと思ってはいる。しかし、理念はあっても障害が多くて難しいなぁ。
でも、そうした互助会ができたら、会員向けのレジストサーバーを立てたり、ユーザー管理やソース管理の代行なんかもできるんじゃないだろうか。

とりあえずNPOにするとして、事務所借りて回線を引きサーバー立てて(ホスティングでもいいけど)告知して、と考えると4~500万は掛かるのかな?銀行は貸してくれないだろうな(^_^;)

混みあう事態

午前中に由紀さんのところで設定。これでバッチリ。

午後、渋谷で打ち合わせ。
いやもうムリですって、そのスケジュールw
このままだと船頭多くして船、山を登るになっちゃうです。
とりあえず原稿はペンディングになったけれど、それだとさらに遅れてしまうので、無駄になるかもしれないけれど書き進むことにしよう。

とりあえずネタだしの方やらなくちゃ。
なんだか気ばかりあせる今日この頃。

HINOKIO

SOWに誘われて、九段会館で「HINOKIO」の試写会。

ちょっとネタバレあり。見に行く人は注意してね。


まっすぐな作りのジュブナイル映画。根性が捻じ曲がった穢れた大人が見ると、ひねりが足りなくて物足りないかも(^_^;)まぁ、子供向けとしても、もう少し脚本に深みがあってもいいかなぁと思う。特になぜゲームと現実がシンクロしているのかとか、ヒロインがロボットを通してしか(しかも寡黙だ)しらない主人公に想いを寄せる理由とか。

CGに関しては、最近見た映画の中で一番かな。操演とCGが違和感なくまとまっていた。キャンプに行くときに車から降りるシーンで、影のつき方とかも不自然じゃなかった。個人的にはロボットの足首間接とか逆間接風な造詣もよかったと思う。

子供と一緒に行くならいいかな?という映画ですな。

サイエンスウェブ更新情報(BlogPet)

きょうシャムはここまでフラっぽい追加されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »