« サイエンスウェブ更新情報 | トップページ | サイエンスウェブ更新情報 »

夢の話

ひとりめは 年上の人
なんでもやさしく 教えてくれた
ふたりめは 同級生
なんとなく 流されて付き合った
さんにんめは 強引なひと
別れ際まで 情けない人
よにんめは あなた
この出会いが 運命と思った

ずっと一緒にいる なんてかなわない かもしれない
だから一緒にいる 今この瞬間を大切に 大切にしたい
一秒ごとに 思い出を重ねていくの

ひとりめは 大きいひと
なんでもやさしく リードしてくれた
ふたりめは おないどし
でも恋じゃない 愛じゃなかった
さんにんめは ひどいひと
体も心も 傷ついてしまった
よにんめは あなた
もう壊したくない この絆だけは

-----------------------------------
え~、何をトチ狂ったかと思われるかも知れませんが、これは夢の中で出てきた詩です。
少し補ってはいますが、ほぼこんな形で。

シチュエーションとしては、テレビのオーディション番組で選ばれた男女二人組みのデュエットが、テレビの生放送でデビュー曲を披露するわけです。その後に、テレビ局の了承なしにふたりをプロデュースした女性シンガーが勝手に歌い出した、というのが上の歌です。
その女性シンガーはデビューこそ華やかでしたが、長く不幸な時代を経験していました。プロデュースを任されるほど実力はあるのですが、なぜか運に見放されている、という女性です。

なんでこんな夢を見たのか、こんな詩が浮かんできたのか、自分でもまったく分かりません。なぜでしょう(^_^;)?改めて読むと、むちゃくちゃ恥ずかしい内容ですし。

« サイエンスウェブ更新情報 | トップページ | サイエンスウェブ更新情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/5237484

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の話:

« サイエンスウェブ更新情報 | トップページ | サイエンスウェブ更新情報 »