« サイエンスウェブ更新情報 | トップページ | サイエンスウェブ更新情報 »

Windows Vistaのフォント環境

Windowsの次期バージョンWindows Vista(TM)において日本語フォント環境を一新

目玉は新デザインのClearTypeフォント「メイリオ」とJIS X 0213:2004対応ということらしいですな。

Windowsのフォント環境に関しては、Windows 3.0あたりから業務として携わっていたので、ああそうかと流すわけにもいかずw

メイリオは「明瞭」からネーミングを変えたというはなし。ちゃんと作ったんだね。ちゃんと依頼して作って、名前も公開しているから、MS明朝/ゴシックの時のようなドタバタの心配はないな。

むしろ心配なのは新JIS対応の方か。新JISってのもおかしないいかただ。「最新の」JISコードだね。うん。
これまでも旧字体の扱いとかでいろいろと文句が出ててたからね、今回はそれ以上に多いんじゃないかと。まぁ、外字コードで対応するしかないとは思うけれど、標準フォントのサブセットとしてMSが提供するとは考えにくいから、字体の違いを吸収するフォントセットを出せばビジネスチャンスになるかも。文字コード置換ツールとセットで。

« サイエンスウェブ更新情報 | トップページ | サイエンスウェブ更新情報 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「メイリオ」、アルファベット表記が「Meiryo」で、思いっ切り「メイリョー」ですね :-) まあ、この表記で英語的な発音だと「メイリオ」なのかもしれないけど、誰もそう呼ばないような気もする。

字体の問題は、2004でも解決したわけじゃないし、「活字」媒体の大半が電子組版でデザイン、出力される現状では、いろいろなレベルのフォントが混在して、まだ混乱も続くでしょうね。

まぁ、昔からゴタゴタは続いているわけですが。
今回は「標準」が切り替わっちゃうわけで、影響が大きいかなと。

なんだかPC関連媒体だけでなく、一般紙の記事にもなってますね。

同じ文字コードで字体が変わるんだから、やはり混乱必至か。固有名詞をどうするか、頭痛いだろうな。もともと漢字は異字体を許容してきた文化だし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/5223052

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vistaのフォント環境:

« サイエンスウェブ更新情報 | トップページ | サイエンスウェブ更新情報 »