« 宇宙戦争 | トップページ | 宇宙戦争(BlogPet) »

妖怪大戦争

(神奈川では)映画の日なので、川崎に出て「妖怪大戦争」を観る。

妖怪がたくさん出てきてどんじゃらほい。
荒俣宏原作だけあって、敵は魔人・加藤保憲だ。今度の加藤は眉毛を消した豊川悦司。薄気味悪さ倍増だwこの人は、ヒューマンドラマなんかよりダークなSF系ドラマの方がいいと個人的には思う。この加藤と神木隆之介クン演じるところの少年、そして妖怪たちの戦いを描いた作品なわけだが、あえて決め付けさせてもらえば、主人公はナインティナインの岡村が演じた小豆洗いだよ。いや、まじで。
日本の妖怪映画でリアルな造型なんぞは求めちゃいけない。ストーリーも横において、ゲラゲラ笑って観ればいいと思う。だから、途中のスネサスリとのお涙ちょうだいな展開は無用だと感じた。スネサスリ以外の妖怪たちともっと深く情を交わすシーンを加えれば、十分戦う理由になったんじゃないかな?あと、途中から忘れ去られたお父さんやおねぇちゃんを理由にするとか。
それにしても、忌野清志郎とか竹中直人はすぐにわかったけど、ほとんどでずっぱりだった猩猩が近藤正臣だと気づいたのは最後の方だった(^_^;)あと、河童の川太郎とか一本ダタラとか。特殊メイクがすご過ぎて誰かわからんかったよ。

一本ダタラとえいば、星野之宣の「宗像教授異考録1」を読んだばかりだったので、「なんで一本ダタラが一つ目じゃないんだよぅ」とか余計なことを思ってしまった。

ところで、映画の楽しみといえば予告編もそのひとつ(と私は思ってる)だが、今日は、「キング・コング」「ファンタスティック4」「機動戦士 ZガンダムII 恋人たち」などの予告編を観た。「キング・コング」の予告編は、109シネマズでは監督のピーター・ジャクソンが日本向けに話しているメッセージつきのものだったのに比べて、今日見た予告編は吹き替え版。うーん、字幕みないで集中できるというメリットはあるものの、「あ、この声優さんは!」とか思っちゃってちょっとイマイチかも。イマイチ、といえば「Zガンダム」のフォウ・ムラサメも島津冴子じゃなくなっていて、違和感バリバリ。まぁ、ほかにも変わっている声優さんもいるので仕方ないといえば仕方ないのだろうが、フォウに関しては、音響監督の陰謀説が流れているのでなんだか余計に嫌な感じ。どうせうやむやになっちゃうんだろうけどね。

« 宇宙戦争 | トップページ | 宇宙戦争(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/5741379

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪大戦争:

» 妖怪大戦争 [ザクとは違うのよね]
 続いては「妖怪大戦争」。  これは、まったくの娯楽映画。ばかばかしさ120%といった感じだが、非常に面白かった。ゲゲゲの鬼太郎で出てきた妖怪が次から次へと出てきて、しかも、それをいろんな芸能人(お笑い芸人が多い)がやっているので、「これは岡村だ」「こいつは阿部サダヲか?」なんて考えながら観る楽しみもある。  ラストは、想像していたのは岡村演じる小豆洗いと・・・と思っていた... [続きを読む]

» フォウ・ムラサメ [ガンダム登場人物集]
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ(Four Murasame,U.C.0071年〜0087年11月3日)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物(声優|声:島津冴子)。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikipediaより引用- Articl...... [続きを読む]

« 宇宙戦争 | トップページ | 宇宙戦争(BlogPet) »