« しかくとしきゃく(BlogPet) | トップページ | キーボード »

美輪明宏音楽会<愛>

嫁さんと嫁さんの母上とともに「美輪明宏音楽会<愛>」atパルコ劇場へ。

美輪明宏公式サイト

嫁さんがファンなのだった。個人的には「ヨイトマケの唄」のイメージがw(嫁さん、ヨイトマケ~知らんかったorz)『オーラの泉』も観ているけどね。

コンサートは第一部と第二部の二部構成。歌の前に、美輪さんが歌の背景や自分の思いを語ってから歌う。一部はアール・デコをモチーフにした舞台で、どちらかといえば退廃的なシャンソン(「暗い日曜日」とか)がメイン。二部は天の川をモチーフにした舞台(幕が上がった時に観客からどよめきが)で、ゴンドラの唄とか明るめの唄。アンコールに『花』とは、ちょっとびっくり。(喜納昌吉好きだから)ちなみに『花』の美輪的解釈は『輪廻転生を表現している』のだそうな。

それにしても、たしかうちの父親よりも年上のはず・・・なのにあの声量って(・_・;)基礎がしっかりしていると違うのだと改めて実感した。そしてシャンソン。まるで芝居の一幕のようなドラマがその曲の中にある。多くの人をひきつける要因のひとつなのかもと愚考する。

コンサート中に考えたこと。
特に第一部では50年くらい前の歌が歌われたのだが、翻って「今、流行している歌で50年後も歌い継がれている歌は、果たしてどれくらいあるのだろう?」ということ。
自分はアニメソングが好き(自爆)だが、今のアニメソングの多くは50年後、歌われることがないのではなかろうか?だが、私と同世代の人々が子供だったころ(30年くらい前)見ていたアニメの主題歌は、少なくともこの世代が死ぬまでは歌い継がれると思う。なにしろ刷り込まれているからw
昔のアニメ主題歌はタイアップなど存在せず、1年あるいはそれ以上、同じ曲を毎週聞いたのだ。さらに、歌詞の内容も単純明快であった。そして、これは個人的な意見だが、昔のアニメ主題歌とそのアニメの内容が関連付けされているのだと思う。つまり、アニメ主題歌を聞けばその中にドラマを見出せるのだ!おお、シャンソンとの共通点がw

嫁さんも義母上もご満足の様子。
コンサート終了後、東急本店の「なだ万茶寮」で会席料理に舌鼓を打ち(こちらも満足)帰宅。

« しかくとしきゃく(BlogPet) | トップページ | キーボード »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・まだ美輪さんの名前サンになっとる。
早く直してね。リンクのとこがサンだしな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/5990905

この記事へのトラックバック一覧です: 美輪明宏音楽会<愛>:

» TRINITY最新号は美輪明宏さんが登場 [江原啓之のスピリチュアルブームに思う]
TRINITYという女性雑誌があります。昨年もスピリチュアル特集で江原啓之さんとのインタビューとか出ていましたが、このたびのTRINITY最新号では美輪明宏さんが登場するみたいです。オーラの泉で江原啓之さんに劣らない圧倒的な存在感を示す美輪明宏さん。特集の...... [続きを読む]

« しかくとしきゃく(BlogPet) | トップページ | キーボード »