« 容疑者 室井慎次 | トップページ | 「期待」するのがいけないのか »

郵政民営化に思う

以前のエントリーでも少し触れたけど、ひょんなことから下記のような記事を見てしまい、ちょっと考えてしまったよ。

郵政「民営化」の本質 by坂本龍一

教授は好きだし尊敬もしている。(YMOはコンサートに行った数少ないアーティストだ)
私もアメリカの圧力は知っている。だけど、この意見には首を傾げざるを得ない。

「郵政民営化で350兆円が米国に奪い取られる」というデマ

上記のブログによくまとめられている。コメント欄の議論もおもしろいw
個人的には、郵貯・簡保よりも特定郵便局の方が問題だと思っているが、世の中はやはりお金の方が気になるらしい。ごもっとも。
前のエントリーで書いた「グローバルスタンダード」という意味は、日本国内の資本であろうが外資であろうが、同じ土俵に立つ、ということだ。長銀の問題以来、外資に対してアレルギーが生まれてしまったようだが、なぜ外資に食い物にされたか、ということを考えないで外資すべてを悪者にするのはどうかと思う。日本にだって外資系企業がたくさんあって、ちゃんと税金納めて日本の経済に貢献している訳だし。

郵政民営化で国民の財産が外資に食い物にされる、と言っている人には、「そんなに日本人が馬鹿だと思うのか?」と言いたい。

« 容疑者 室井慎次 | トップページ | 「期待」するのがいけないのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。日本人は大バカです。(笑)国営性のものを民営化するという事はとても危険です。グローバル化の言葉に騙されていてプロパガンダの典型です。政治家は争点をわざとずらし国民を信じさせます。ニュースは情報操作されています。現にニュージーランドやフランスなど世界各地で郵政民営化は失敗して国営に戻りました。英のブレア首相は世界で日本だけが逆行していると指摘。アメリカはずっと国営。小泉政権から年次改革要望書に沿って政策は実行されています。アメリカが金をとるための「改革」「小さな政府」作り。日本の金はどんどんアメリカへ。今の格差社会や借金の原因は要望書どおりしたからでその政策内容は新自由主義=市場原理主義とよび安倍小泉石原慎太郎の志すもの。富裕層だけが儲けるシステムで地域や被雇用者はシカトなので、もっと格差は広がります。中小企業は更に潰れリストラ派遣はまた増える。死産した女性がいたけどマイケルムーアの映画みたいになるでしょう。改憲されたらアメリカ兵の尖兵として戦争行き。巧みなプロパガンダに騙されないで下さい。ちなみにホリエモンは新自由主義者です。ブログ「世に倦む日日」、関岡英之や経済、世界情勢、アメリカの現状、マスコミと官僚などの本を読んでみて下さい。私は「改革」を否定します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/5796111

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化に思う:

» 藤井厳喜・郵政民営化について大局的に賛同!! [武士道の哀しみ]
小生が、磐南総研の会員共々ご指導を仰いでいる先生の1人に藤井厳喜先生がいる。 今回は、藤井先生のホームページを紹介したい。 このホームページの圧巻は何と言っても、猛言多謝。いかにも藤井先生らしい軽妙な語り口で本質を突く。   九月六日付けの猛言多謝は、郵政..... [続きを読む]

» 郵貯に外資が入ってくることは問題か [阿川大樹的小宇宙]
「過疎地の郵便局がなくなる」 「郵貯がハゲタカファンドに奪われる」 というふたつ [続きを読む]

« 容疑者 室井慎次 | トップページ | 「期待」するのがいけないのか »