« 【秋麺】ふくちゃん | トップページ | 【秋麺】こむらさき(BlogPet) »

トラックバックスパム

最近、夜になるとCocologがやけに重い。
おかげで二重投稿しちゃったり、書く気が失せちゃったり。Movable Typeを使って自分で構築しちゃう?いやいや、面倒だし、根本的な解決になってないしw

cocologが重い理由はどうやらトラックバックスパムらしい。
--------------------------------
レスポンス低下の不具合について(抜粋)
◇原因:
不特定多数のサイトより、短時間に大量のトラックバックスパムが送られたことにより、アクセスが集中し、著しくレスポンスが低下したため。

サイトの特定及びトラックバック内容の限定といった定常的に行っている監視及び対応では防ぎきれず、結果としてお客様にご迷惑をおかけしています。
--------------------------------
業者もアレコレといろいろ考えてくるなぁ。それとも業者じゃないのか・・・。そういえば、古いブログ記事で申し訳ないのだが、「週刊オブイェクト」さんの5/2のエントリーに個人によるトラックバックスパムの記事があった。簡単にまとめると、自ブログ(&メルマガ)の宣伝のためのトラックバックを注意したら、トラックバック主が逆ギレしたという話。ジャーナリストでネット歴も長いと言っているのに「スパム」を知らないとは・・・。

ブログそのものの歴史がそれほどあるわけじゃないので、トラックバックの扱いはいまひとつ不透明というか判然としない部分はあるし、ブログ主個々人の考え方もいろいろだろう。だから「こうしなきゃいけない」ということはないのだが、ネットであれ実社会であれ「人に迷惑をかけない」というのは最低限守らなければならないことだと思うのだが。
なんだか、ネットの初期にあった「リンク論争」に似ているなぁと思ったよ。違うのは、流れる方向が逆ということかな。

Aというブログのエントリーに対し、Bという別のブログがトラックバックしたとしよう。(現在の)トラックバックのシステムでは、AのブログからトラックバックしたBのエントリーは明示されるけれど、Bのエントリー内にAに対するリンクや記述がなければ、Bのエントリーを見た人はAのエントリーの存在を知らないままになる。つまり、一方的な流れになってしまう訳だ。この一方的な流れ、という奴がスパム業者にとっては非常に魅力的なのだろう。

では、個人がトラックバックスパムをする場合はどうなのか?
アフィリエイト絡みの宣伝であれば、すっぱりと切ればいいだけのことなのだが、トラックバック主本人が「類似したテーマなんだからこっちも読んで欲しい」という、無邪気というか悪意のないものであった場合は無碍に削除してしまうのも躊躇してしまう。fudaさんが自ブログVANILLACHIPSの中でされている考察が興味深い。

リンクポピュラリティーとトラックバック
コメントへの返事
トラックバックの誤解を避けるには

fudaさんの記事で、トラックバックがリンクポピュラリティーを上げる、すなわちGoogle検索でのランクアップを目的とするものがあると指摘している。トラックバックスパムに誤解されないためには、リンクを張った方がいいとも。

私に関しては、明らかに宣伝目的なエロトラバは削除しているけど、それ以外はコメントもトラックバックも自由。公開しているものだしね。一応、トラックバックしてもらったら、そのブログを見に行くし、時にはコメントすることもある。あぁ、確かにリンクされていないと寂しいかもw

« 【秋麺】ふくちゃん | トップページ | 【秋麺】こむらさき(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/6697405

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックスパム:

« 【秋麺】ふくちゃん | トップページ | 【秋麺】こむらさき(BlogPet) »