« 劇場版 響鬼&マジレンジャー | トップページ | 打ち合わせと父親のPC »

小ネタ

ここのところ気になってウォッチしていたネタをいくつか。

【実録】ネコ裁判 「ネコが訴えられました」
有名ブログだけど知らない人のために簡単に説明すると、「お宅のネコに車が傷つけられた、修理代払え」と簡易裁判で訴えられた人が立ち上げたブログだ。元々、亡くなったおじいさん宛に訴状が届いたり、そもそも傷つけたというネコがその家の飼い猫じゃなかったり、と言った具合。被告となったブログの立て主もコミカルに裁判の様子を公開している(実際にはどう思っているのかは不明だ)。
で、9/29に判決が出て、原告の提訴が棄却されて被告側の勝利となった。今後は原告が控訴してくるかどうかだが・・・。
ブログを読んでいる分には野次馬的な興味だけなのだが、時折「自分が訴えられたら」と考えてしまう。ま、時間がある程度自由になる仕事なんで(経済的には不自由だけど(;_;)ノ)なんとかなるとは思うがね。

エイベックスの「のまネコ」問題
いろんなところで書かれているのでいまさら言うこともないが、とりあえずエイベックスが「のまネコ」の商標登録を取り下げることになり一段落・・・するのか(^_^;)?
個人的には、エイベックスはヘタだったなぁと思う。元々貸しレコード屋から巨大な音楽企業に成長したのは、若い柔軟な発想や着眼があったればこそだったのではないだろうか。やはり大企業になってしまうと、考え方も硬直化してしまうのか?また、ネットワークというものを甘く見すぎていた、あるいはネットワークユーザーというものをステレオタイプな型に嵌め込んで考えてしまったのではないか。まさか、こんなことまで、と思うような情報まで穿り返されてびっくりしただろう。「人の口に戸は立てられない」と言うが、ネットが普及した今、情報の量、広がる範囲はかつてよりもはるかに大きい。こうした認識が不足していたね。これも一種の危機管理能力の不足と批判されてもしかたがない。
詳しくは、エイベックス著作権違反疑惑「のまネコ問題」のまとめサイトをチェック。

■ 雑誌「Tarzan」元編集長のブログが炎上中(インプレスのやじうまWatch)
2ちゃんねるでは話題になっていたが、やじうまWatchで取り上げられたことで、さらに認知度が上がるだろうな。バックナンバーになる前に引用しておこう。
---------------------------------------------------
 雑誌「Tarzan」の元編集長、及川政治氏のブログが炎上中だ。ことの起こりは、2ちゃんねるの「バス・バス路線板」の「バス会社に来たクレーム」というスレッドへのある書き込み。及川氏の奥さんが自転車で通行中に、江ノ電バスとトラブルがあったという。その後、謝罪に来た江ノ電社員の役職・氏名・写真を及川氏がブログに掲載してしまったというもの。及川氏のブログには、「池田小で子供殺しまくったんも、てめえんとこみてえな運転手やったのう。」など、刺激的な表現が多数見られることもあり、ブログの存在が知られると、あっという間に2ちゃんねるのあちこちの板にスレッドが立った。騒ぎになって以後、及川氏のブログは更新されていない(コメントはかなりの数が消された)が、2ちゃんねる管理人ひろゆき氏が自身の社長ブログで及川氏のブログにトラックバックするなど、祭りは収まる気配が見えない。「口は災いの元」と昔から言いますが、最近では「ブログは災いの元」となっている方が少なくないようで……。議論好きな方はともかくとして、平和にブログを楽しむためには、「世界中に公開されている」という事実をいつも忘れないようにしたいと思いました。
------------------------------------------------------
(引用終わり)
うーん、なんというか「ジャーナリストって何?」と考えさせられる話だ。「ネット時代のジャーナリズム」について書きたいと前にちらっと書いたけど、こうしたネタが提供されてしまうと、もうちゃっと書かないといけないでしょ!という気になってくる。
それはさておき、この人「匿名」は悪であると決め付け、匿名で行われるコメントに罵声を浴びせている。だが、たとえ匿名が悪であったとしても、匿名でなければ何を言っても良い、ということにはならないと思うのだが。私もブログの中でいろいろと書いてはいるが、肖像権を無視して他人の写真を公開し、かつ口汚く罵る、なんてことはしていない。
例えば、雑誌なら少なくとも編集長と校正のチェックが入る。だが、発信も容易なブログではそうしたチェックはない。自らが自らを律する必要がある。それがパソコン通信で鍛えられた私のポリシーでもある。自戒の意味をこめて書いておこう。

10/1の深夜に該当ブログが削除された様子。これって「逃げ」だよ。ジャーナリストと名乗るなら、批判にもちゃんと立ち向かってほしかったなぁ。(10/1追記)

メモ:
フレーム(論争)や誹謗中傷の書き込みを見たときカチンと来ない人はいない。だがすぐに書き込んではいけない。時間を掛けて反論をまとめよう。そして半日くらい時間を置いて読み直してみよう。アップするのはそれからだ。

簡単に書くつもりだったのに、長くなってしまった・・・文才ないのか>自分(;_;)

« 劇場版 響鬼&マジレンジャー | トップページ | 打ち合わせと父親のPC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/6193992

この記事へのトラックバック一覧です: 小ネタ:

» 江ノ電バス、かわいそう。。。 [水谷まちこのSPAM大好き!]
とりあえずリンクのメモ。結構キてるので、イライラしている時には読まない方がいい鴨。でもセッカク心が平和な時にこんなん読んでイライラする必要もない罠。(笑) *今日は2回、怒鳴りつけたな *江ノ電バス、その後 *やれやれ、今度はコメントかよ上記のBlog、閉鎖され...... [続きを読む]

« 劇場版 響鬼&マジレンジャー | トップページ | 打ち合わせと父親のPC »