« ちょっと気持ち悪い | トップページ | 機動戦士ZガンダムII 恋人たち(BlogPet) »

千円女王

先日、貞操問答のエントリーで書いた伊藤クンが出ている、劇団阿佐ヶ谷南 南京小僧の公演「千円女王」を観にいく。前回の公演を観ることができなかったので久しぶり。

開演前は明るくして欲しいなぁ。嫁さんはトリ目だし、私もトリ目とはいえないけど暗いの苦手だし(主に年齢と合併症のため(;_;)//)。席に着くまでが怖くて・・・。

千円女王 それはさておき、公演の内容である。
タイトルとポスターからも分かるように、モトネタは松本零士の「千年女王」だ。劇中にも『千年周期で暗黒太陽を巡る惑星ラーメタルが999年ぶりに地球に接近』とか二人の千円女王の対決とかが登場する。その他にも、ちょこちょこ松本零士ネタがちりばめられているわけだが、嫁さんは分からなかったらしい。

ストーリーは、千円札を偽造した男が西荻窪の裏通りから、気づけば昭和59年のボロアパートに。そこで千円札を巡るトラブルに巻き込まれていく、というSFチックな悲喜劇。狂気と正気の紙一重空間、言葉遊びにも似た台詞の応酬。舞台設定もモトネタも身近なものだけに楽しめた。舞台装置も、これまで見た中では奥行きを使っていて良かったと思う。特にアパートの窓を、列車の窓に見立てるとかね。

ただ、冗長という訳ではないのだが、約1時間半~2時間というのは少々長すぎた感がある。もっと削っても良かったなぁというシーンがいくつか。また舞台がほぼ全編アパート内部のみだったので、変化がなく寂しい感じ。最後の札束の山も立体的に見せてくれればよかったかな。(最初なんだか分からなかった)

個人的にちょっとと思ったのは、銀河鉄道999(を思わせる)シーンでスター・ウォーズのBGMはないんじゃなかろか。999のサントラはいいぞぅ(;_;)

--------------------------------------------------

観劇の帰り、都心に出たついでに「麺屋 武蔵」に行く。
期間限定で「田楽ラーメン」と言うものがあったので頼んでみた。ラーメンにおでんの具が乗ってる・・・orz まずくはない、けれどスープもおでんぽくなっていてパンチが足りない感じ。嫁さんと同じ味玉にしておけばよかった。

« ちょっと気持ち悪い | トップページ | 機動戦士ZガンダムII 恋人たち(BlogPet) »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/7228973

この記事へのトラックバック一覧です: 千円女王:

« ちょっと気持ち悪い | トップページ | 機動戦士ZガンダムII 恋人たち(BlogPet) »