« 相鉄vs東急 東部戦線異常アリ | トップページ | リフレクソロジー(BlogPet) »

宇宙防衛軍なんて言ってみたり

タイトルに深い意味はない(^_^;)

宇宙の防衛利用解禁へ、自民が夏にも政府に提言

 政府による防衛目的の宇宙利用を厳しく制限してきた「平和利用」の原則について、自民党が今夏までに見直す方針を決めた。
 従来の「非軍事」という解釈から、攻撃的でない技術の軍事利用は認めている世界の潮流に合わせた解釈へ変更を図る。実現すれば、高解像度の偵察衛星打ち上げなどが可能になり、欧米に比べて劣勢だった宇宙産業に新たな需要を呼び込むのも確実。日本の宇宙開発は、歴史的な転換点を迎える。
 宇宙開発を「平和目的の利用に限る」という原則は1969年、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)の設置法と、同法制定時の国会決議に盛り込まれた。その際、政府が「非軍事」との解釈を示した。このため、自衛隊は自前で衛星を開発できず、通信など広く一般に利用されている衛星技術しか使えない。
 テロの拡大など国際情勢が複雑化する中、毎年膨大な予算を投じて開発している宇宙技術を国民の安全確保に生かす必要性が高まり、政府解釈の見直しが避けられない課題となってきた。同党政務調査会の宇宙開発特別委員会は今月から、河村建夫・元文部科学相を中心とする小委員会で、平和利用の問題について集中審議。今夏には政調として政府へ提言する方針だ。
 「平和利用」の定義を世界の潮流に合わせた場合、民間より解像度の高い偵察衛星のほか、弾道ミサイルの発射を検知する早期警戒衛星などを、自衛隊が開発・利用できるようになるとみられる。
(2006年1月6日3時6分  読売新聞)

早い話が、監視衛星など軍事目的の衛星を打ち上げられるようにしようということ。防衛庁の予算がロケットに少しは回ってくるかな?
だが、こうした記事が流れると中身をよく確認せずに「軍事利用なんてとんでもない」とか右傾化だとか騒ぐ人たちが出てくるからね。もちろん、宇宙開発を過剰に軍事目的で使われてしまうのは問題だからちゃんと監視していかなければいけないことだとは思う。科学技術と軍事というのは境界線が微妙だからねぇ。どんな科学技術も軍事目的に転用可能だし、逆に軍事目的で作られたものを民間で活用することも容易だし。

ただ、なんでもかんでも反対というのはどうだろう、と思う。最低限自分の身を守ってはいけないのだろうか?国を、国民を守るために情報収集してはいけないのだろうか?

« 相鉄vs東急 東部戦線異常アリ | トップページ | リフレクソロジー(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/8043145

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙防衛軍なんて言ってみたり:

« 相鉄vs東急 東部戦線異常アリ | トップページ | リフレクソロジー(BlogPet) »