« 今日の夕飯(2) 人参と牛蒡のゴマイタメ | トップページ | スパイウェア »

アメリカは傲慢と思われても気にしない?

昨日、嫁さんとテレビを見ていてぶっとんだ。
米農務省ペン次官の発言だ。

米国側は会合後の記者会見で、牛海綿状脳症(BSE)の危険性を「車でスーパーに買い物に行って事故に遭う確率の方がよほど高い。その事実を日本の消費者に伝えたい」(ペン農務次官)と指摘。厳しい日本の輸入基準へ不満をあらわにしたが、背骨混入を見逃した原因について明確な説明はなかった。 (朝日新聞)

 ペン次官は協議後の会見で、「自動車事故に遭う確率の方が、牛肉を食べて害を受ける率より高い」と主張。脊柱混入に関係した米の2業者について「国際貿易の経験が浅かった」と説明し、「(混入は)例外的な事態だ。例外的でないと言える証拠はないからだ」と述べた。さらに「(BSE=牛海綿状脳症=が人にうつって生じる)変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は(世界で)150人程度しか出ていない」と強調した。(毎日新聞)

そもそもBSEと自動車事故を比較するのもどうかと思うけれど、どっちにしろ被害にあったらまずいでしょ。少なくとも自動車事故は起こさないようにみんなが努力しているし、BSEだってそうじゃなきゃいけない。
このほかにも「アメリカでは2頭しか見つかっていない」というような発言があったが、日本のように全頭検査したらどうなるだろう?まずは全頭検査してから言ってくれ。

 さすがに日本の高官もこの発言には不快感を表しているようだが、アメリカはそんなこと気にしないんだろうなぁ。

« 今日の夕飯(2) 人参と牛蒡のゴマイタメ | トップページ | スパイウェア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どこの国でも空気を読めない人はいるわけで、

読めている人は(ポーズかもしれないけど)反省してます。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060126AT1E2600426012006.html

アメリカ政府は数人の貧乏人の命などなんとも思っていないのではないか、私にはそうとしか思えない。特に最近のBSEをめぐるニュースを見るとそう思う。にもかかわらず他の国に自分達の理屈を押し付けようとする。全く困ったものだ。あ、愚痴っぽくなってしまいました。すいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/8346529

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは傲慢と思われても気にしない?:

» BSEよりも交通事故の方が危険だ:米高官 [おもしろニュース拾遺]
 「コラ日本人、お前らアメリカの牛肉に背骨が入ったくらいで騒ぎ立てるな。牛肉買いに行く途中に車にはねられて死ぬのと、買った米牛肉がBSEで死ぬのと、どっちが可能性が高いか考えても見ろ。」と逆切れしているのは、来日したペン米農務省次官。日本に謝りに来たんだと思っていたら記者会見で日本人にお説教を始めた。  発言は1月24日。<BSEの危険性を「車でスーパーに買い物に行って事故に遭う確率の方がよほど高い。その事実を日本の消費者に伝えたい」(ペン農�... [続きを読む]

« 今日の夕飯(2) 人参と牛蒡のゴマイタメ | トップページ | スパイウェア »