« NET & COM 2006 | トップページ | 今日の夕食 マグロの竜田 »

発想の転換

以前のエントリーでも少し触れたが、キヤノンのインクカートリッジのリサイクル品に関する知財高裁の判決が1/31に出た。

インクカートリッジ訴訟、キヤノンが逆転勝訴(ITMedia)

 自社のインクジェットプリンタの使用済みカートリッジにインクを詰め直した製品が自社の特許を侵害しているとして、キヤノンが同商品を輸入販売している業者をを相手取って販売差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が1月31日、知的財産高裁であった。
 篠原勝美裁判長は、リサイクル商品がキヤノンの特許権を侵害していると認め、商品の輸入・販売差し止めと製品の廃棄を命じるキヤノン逆転勝訴の判決を言い渡した。
 訴訟は、キヤノン製品のリサイクル品を中国から輸入し、販売している「リサイクル・アシスト」(東京都豊島区)を相手取り、キヤノンが提訴した。一審の東京地裁判決は、新品のカートリッジが販売された時点で特許権が消尽しているとして侵害を認めず、キヤノンの請求を棄却。キヤノンが控訴し、知財高裁は裁判官5人による大合議で審理していた。
 控訴審でも特許権の消尽が争点になった。控訴審判決では、対象となる製品のうち、特許の本質部分を構成する部材の全部か一部について加工・交換が行われた場合、販売後ももはや同一の製品とは言えなくなるため、特許権は消尽せず、特許権者は権利行使が可能だとした。
 その上で、業者が輸入販売しているカートリッジは、キヤノン特許の本質部分について加工・交換していると判断。キヤノン側の特許権行使を認め、業者に輸入販売禁止と製品の廃棄を命じた。

個人的にはきわめてまっとうな判断だと思う。異論も多いと思うけれどね。いくら価格が安いからといっても、リサイクル品は信頼性が低すぎる。だって、一旦使い切ったものに穴を開けてインクを入れるんだよ?破損したり異物が混入したりする可能性は高いと思うのだが、世間一般は安ければそれでいいのだろうか?
どうもマスコミの中には『リサイクル=善』(これは否定しないが)『大企業=悪』というレッテルを貼りたい人たちがいるらしい。「『インク高いのに』消費者の声」なんていうキャッチを付けたりする。「消費者にアンケートでもとったのかっ!」という突っ込みはおくとして、あたかも消費者が不利益を被るような文言、これは論理のすり替えだ。これは、あくまでもキヤノンとリサイクル屋の争いであって、消費者が不利益を被るかどうかはまったく別のことだ。

例えば、キヤノンがこの争いに負けたと仮定してみよう。キヤノンはインクカートリッジで上げていた収益を他であげなければならない。消耗品がダメなら本体の価格に反映させるしかない。つまり、本体価格が上昇するわけだ。これは消費者の不利益ではないのか?
もうひとつ、インクを詰め替えたカートリッジがインク詰まりなどによって、トラブルを起こした場合を考えてみよう。まず、トラブルの原因がインクカートリッジによるものか、プリンタ本体によるものかという問題の切り分けが、一般の消費者にできるだろうか?となれば、キヤノンのサポートに問い合わせたり、修理を依頼することになるのではないか。サポートは無償だが、そのコストは製品に反映されていくことを忘れてはならない。

インクの詰め替えを行っていたリサイクル・アシストは、自分たちでは何の苦労もせずいわば人の褌で相撲を取っていたといえないだろうか?(リサイクルしたカートリッジを使って起きたトラブルはすべて同社がフォローしているのだろうか?)確かにリサイクルするという理念はすばらしいけれど、人が苦労して設計しテストし製造してきたものの成果を簡単に破壊してしまうのはどうかと思う。

リサイクルだって立派な技術だ、という人がいるかも知れない。であれば、だ。なぜその技術をキヤノンなりエプソンなりに売り込まなかったのか。「うちの技術を使えば、おたくのインクカートリッジが生き返りますよ。品質は落ちても値段は抑えられますよ」とアピールすればよかったのだ。キヤノンやエプソンだってインクカートリッジの回収はやっている。さらにリサイクルして販売できるのなら、世間へのアピールにもなる。その上で、キヤノンやエプソンが断るのであれば、それを公表すればいい(^_^;)「どう思いますか?」と世間に聞いてみればいい。そのくらいの努力はしても良かったのではないか。

と、これがタイトルの「発想の転換」につながるわけだが、もうひとつ、転換して欲しいと思った話がある。「東横イン」の偽装だ。最初、東急インかと思ったら、微妙に違う東横イン。利益優先で障害者の駐車スペースや部屋を無くしたといけしゃあしゃあとカメラの前で言い放つ社長の神経もどうかと思うが、そんなことにお金を使う前に、なぜ「一般人にとっても使いにくくない障害者用宿泊施設」を考えなかったのだろうか。
東横インの社長は「障害者用宿泊施設は一般人には使いにくい」と言っていたが、私は以前、部屋の関係で障害者・高齢者用の部屋に泊まったことがあり、決して使いにくいとは思わなかった。「そうか、こんな設備が必要なんだ」と改めて感じさせられたくらいだ。

« NET & COM 2006 | トップページ | 今日の夕食 マグロの竜田 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東急インと東横インでは格と言うかレベルが全然違うと思います(^^ゞ
どちらも泊まったことないですけどね。見た感じとして(笑
全然関係ないけど、ずっと以前に近くの東横インがFREESPOT対応となってたのでノートをロビーに持ち込んだことあります。でも全然アクセス出来ず(笑
今はどうか知りませんが、やっぱりその程度のホテルだったのかと妙に納得。
そうそう、東横インって支配人が全員女性なんですよね。あれはポリシーなんだろうけど、それだけじゃなくて経費節減とかもあるのか?と今回の摘発見て思った(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/8458969

この記事へのトラックバック一覧です: 発想の転換:

« NET & COM 2006 | トップページ | 今日の夕食 マグロの竜田 »