« 本出ました(BlogPet) | トップページ | 今日のニャンコ »

牛乳が相談だ

牛乳の消費量が落ち込んでいるという。

Yahoo!ニュース :牛乳100万本廃棄 「太る」印象、消費者敬遠 牧草スクスク、生産過剰

最初にこのニュースを聞いたのは、「みのもんたの朝ズバッ!」だったかな?田中吉剛が出演して、牛乳の消費をアピールしていたと思う。ここにきて、いろんなメディアでも取り上げられているようだ。

メディアの中では、牛乳の消費が落ち込んだ理由として、

  1. 少子化により給食の需要が減ったことで、牛乳の消費も減った。
  2. 朝食抜きの生活をする人が増えた。特に独身男性。
  3. 脂肪を含んでいることから、太るというイメージがある。→豆乳へシフト
  4. お茶やミネラルウォーターはペットボトルで持ち運びできるので消費が伸びている。

と言った点が挙げられていた。個人的には、これに「雪印の大失態」を追加したい。あの事件で牛乳や乳製品に対する信頼性が大きく失われたことは間違いない。

でも牛乳は工業製品じゃない。多すぎるからと言って生産調整することはできない。これまで安定供給するために牛を増やしてきた畜産業者にとっては死活問題だろうな。いろいろなメディアで牛乳の消費拡大を訴えるのも理解できる。

一方で、牛乳の危険性を指摘する声もある。

生活習慣病を予防する食生活というサイトにある日本人と牛乳というコンテンツを見ると、ちょっと怖くなる。
この記事の中でも触れられているが、確かに牛乳が身近になったのは戦後だ。戦時下に子供時代をすごした私の父親は牛乳を飲まない。(というか飲めない?)
戦後、食糧事情が悪化していた日本にアメリカから脱脂粉乳(スキムミルク)が輸入されて給食にだされるようになった。このことが、日本人の食生活が急速に欧米化していった理由のひとつといえるだろう。(流石に私も脱脂粉乳や肝油で育った時代の人間ではないのであまり詳しいことは知らない)それをアメリカの陰謀、とまでは言わないが、背景にアメリカの農業者の思惑があったことは確かだろう・・・そして、それは成功している。

また、生産性を向上させるための改良が、牛乳の女性ホルモン濃度を高めているというのも怖い話だ。

消費が落ち込んで困っているから、「もっと牛乳を飲んで」というのは構わないと思う。けれど、こうした危険性も(前述の雪印事件の検証とかも)指摘しないといけないでしょ。

本当は、牛乳の消費が落ち込んでいるというニュースを見て、そうか、もっと飲まなくちゃねーと思って調べてみたら、牛乳の危険性が指摘された記事を見てびっくりした次第。
ウチでは牛乳配達を頼んでいて、週に二本の低温殺菌牛乳を飲んでいる。まぁ、このくらいでちょうどいいのかも。

« 本出ました(BlogPet) | トップページ | 今日のニャンコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

給食の影響は大きいでしょうね。でも戦後の牛乳奨励をアメリカの陰謀と言うのはどうかなぁ。なんでもアメリカの陰謀にしちゃうのは・・・(笑
むしろ牛乳奨励は日本政府の陰謀でしょう。高度成長を支える「健康優良児」を大量生産する必要があったからですね:-)

厳密には脱脂粉乳世代ではないですがσ(^_^;)
給食はずっと脱脂粉乳でしたね。あれ・・・現在市販されてるような脱脂粉乳とは違って、ひどく不味くて臭いしろものでした。
一説には、アメリカ軍はブタの餌用として日本に供給したものを日本政府が給食用に流用した・・・餌用なので、日本に運んでくるまでにかなりカビが生えてたそうです。
これ、実際に飲んだことのある人には非常に説得力のある噂です。
あんなもん飲まされた人はみんな牛乳嫌いになってますよ。アメリカ陰謀説なんて冗談きつすぎます(^^ゞ

私自身もアメリカ陰謀説は信じていませんが、一部にはそう考えている人もいるということで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/9681868

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳が相談だ:

« 本出ました(BlogPet) | トップページ | 今日のニャンコ »