« 今日のニャンコ | トップページ | 本出ました(BlogPet) »

2006/04/16

プロデューサーズ

109シネマズ港北で『プロデューサーズ』を見る。

おもしろい。

『シカゴ』のように映画的な演出ではなく、舞台そのものをスクリーンで映したかのような演出。いわばライブのような感じ。たとえば、室内のシーンではカメラが回り込んだりせず、ほとんど固定。もちろんカット割りはあるけれど、まるで観客席から舞台を見ているような感覚に陥る、といったらほめ過ぎか。逆に外でのシーン(セントラルパークとか)が、妙に浮いてしまった印象もある。

特に印象に残ったのは、演出家のアシスタント。この男、始終笑顔を浮かべているんだが、その顔が(『ゴジラ ファイナル・ウォーズ』の時の)北村一輝にそっくりで、映るたびに笑ってしまった。

見終わった後に、無性に舞台を見たくなる、そんな映画だ。そうそう、これから見るならエンドロールの最後まで席を立ってはいけない。特にメル・ブルックスが好きな人は。

|

« 今日のニャンコ | トップページ | 本出ました(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロデューサーズ:

» 「プロデューサーズ」下品で贅沢で見た目勝負の笑いの舞台 [soramove]
「プロデューサーズ」★★★★ ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演 スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカ ブロードウェイ・ミュージカルを 実際には見たことはないが 度派手な舞台を見ている気分にさせてくれる映画 ままにならない現実を嘆く...... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 21:02

« 今日のニャンコ | トップページ | 本出ました(BlogPet) »