« 久々恵比寿 | トップページ | 100円ライターの矜持 »

ツールとしてのBlog

自分の考えをまとめるためのメモ。

Blogがツールという前提で、では「Blogは小説や論文を公開するのに適したツールなのか?」という点について考えてみる。

小説や論文という表現方法は、大抵の場合時系列順に読み進めていくものだ。だが、順番に投稿していくと、図のようにトップページの一番上には最新の投稿が掲載されることになる。つまり、最後に読んで欲しいページが一番最初に見られてしまうということになる。
Blogというものは、まず簡単にウェブページが書けるという“手軽さ”が第一義であって、手軽さは毎日書ける、つまり日記のような表現方法には合っているのだが、時系列順に読んで欲しい表現方法の場合には、デメリットになってしまう。

Blogの投稿順と表示

もちろん、いずれかのページが表示されている場合には、前後ページへのリンクがあるため、読者は自由に読み進む(あるいは戻る)こともできる。しかし、作者側の意図としては、やはり最初のページから読み進んでもらいたい。例えば、映画『メメント』のようにラストシーンから遡っていくような構成なら、このようなページ配置もおもしろいかもしれない。

では、Blogというツールを使って小説や論文を載せることはできないか?といえば、そんなことはないだろう。ただ、ちょっとばかり工夫がいると思うが。

最後から投稿する

例えば、最後のページから投稿していく方法。これならば、トップページでページ順にならんでくれる。ただし、ちゃんと全部が完成された状態でなければ投稿できないことが欠点だ。せっかく手軽なツールなのだから、全部完成した状態じゃなくても、書きながら投稿していく方が楽という気がする。
そこで、最初のページから投稿していく場合に、若いページから順に表示されるにはどうするか…公開日時をずらすという方法が考えられる。

投稿日を操作する

例えば、一番最初に投稿するページを12/31にしたら、次のページは12/30というように、日付を遡るように設定していけば、結果的に最初のページから順に並んで表示される。
すでに、ページの「目次」を作って更新日を未来に設定する、といった使い方をしているBlogもある。
ただし、この方法は更新と同時に発信されるRSSを意味のないものにしてしまう危険性がある。未来の日付のRSSが発信されたり、最新の更新なのに過去の日付で発信されるために埋もれてしまうからだ。

Blogよりも随時編集できるWikiのようなシステムの方が、小説や論文を公開するツールとしては適しているのではないかと思う。Wikiも日付は入るものの、目次を作ることで自分が読ませたい順番で読んでもらうことができるからだ。ベターであってベストなツールではないのが残念だ。

最近では、Blogを本にしてくれるサービスもある。(MyBooks.jp)最初から本にするつもりで(コミケで売るとか)を考えているのなら、(製本の前段階として)Blogを利用するのも有効かもしれない。

個人的にはもう一歩すすめて、製本するサービス向けに小説や論文を入力し保管・整理することに特化したウェブアプリケーションが登場してもいいかな?と思う。時系列に沿った表示はもちろん、例えば目次の編集やルビの入力、文字サイズやフォントの詳細な指定とか、小説・論文を入力しやすい機能を持たせたもの。
小説系同人誌だってたくさんあるのだから、ニーズはあると思うのだが、どうだろう?

« 久々恵比寿 | トップページ | 100円ライターの矜持 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えっと・・・
言いたいことはわかるのですが、敢えて揚げ足取ると(^^ゞ
たとえば裸の MovableType としては、昇順にするか降順に表示するかは設定出来ます。
また、ココログみたいな作り付けのブログでも、一つのトピックとして次々とコメントって形で書いて行けば昇順になりますね(笑
でもまぁ、敢えてブログシステム使う必要はないわけで、その手の用途にはWikiとかXOOPSとか・・・

一般的な(ISPが提供しているような)Blogを前提としての話です。
まぁ、MTを自分でサーバーに導入できるような人なら、もっとガリガリカスタマイズできるでしょうし。
ただ、XOOPSは「どんなモジュールを使うか」が問題で、ざっと調べたところ小説や論文向けというのは無かったです。wikiモジュールはありましたけど。

蛇足ですが、ハンドルがTKになっていますよ(^_^;)

>小説

 「縦書き」じゃない時点でアウト(笑)

はい、わかって敢えて揚げ足(笑
でもISPなブログでも、テンプレートまでいじらせてくれるとこって・・・あまりないか?(^^ゞ

小説と言うと、海外ではけっこう新刊書の一部だけPDFで公開してる(刊行前から)とこって増えてきたみたいですね。
PDFだったら縦書きも・・・

ハンドルは最近はたまにこれ使ってます。ハンドルとドメインが一致してるってステキじゃない?(笑

>長田さん

それだ、『縦書き』。
入力は横書きでも、表示は縦横選べるというのはどうだろう。CSSとJavaScriptの組み合わせで実現できるし。

>Shodaさん
紹介している MyBooks.jp だと、PDF化までは無料のようです。一度試してみるかな?

>入力は横書きでも、表示は縦横選べる

 う〜ん、あくまでも個人的には「却下」です :-)
 縦書きの文章は、やはり縦で入力しないと「リズム」とか「バランス」がとれなくて・・・

 いや、「プロ」だったら横書きでも小説書けるんだろうけどね。
 私はヘナチョコなんで「縦書きワープロ」買いました(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/10160023

この記事へのトラックバック一覧です: ツールとしてのBlog:

« 久々恵比寿 | トップページ | 100円ライターの矜持 »