« 梅雨時はカビに注意 | トップページ | ぷららのWinny規制 »

きらりと輝く空の……

日本の航空宇宙研究に対する予算というのは、限られています。その限られた中でも先日の「はやぶさ」のように着実に成果を出しているわけで、日本人の技術はすごいと世界に向けて胸を張れるのです。あまり知られていないけど。
たとえば、こんなのもそのひとつ。

宇宙利用推進本部:Satellite Navigator

現在のメインは、衛星間光通信衛星「きらり」こと「OICETS」です。6/9には、ドイツ航空宇宙センターとの光通信実験(ダウンリンクのみですが)に成功しています。

こうした技術が積み重なることで、将来は全地球をカバーする衛星間光通信網ができるかもしれません。たとえば、太陽観測衛星と気象衛星をリンクして、太陽バースト発生時に気象がどのように変化するかを地上を介さずに解析するとか。
電波のように拡散しないので、傍受される可能性は低くなりますし、まぁ、この辺は軍事関係者は注目するところかもしれませんが……。

レーザー通信は天候に影響されやすいので、個人的には地上とのリンクよりも宇宙空間での利用が中心になる技術だろうと思っています。国際宇宙ステーションと一緒にうまく実験できたらおもしろいなぁ。

« 梅雨時はカビに注意 | トップページ | ぷららのWinny規制 »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/10514621

この記事へのトラックバック一覧です: きらりと輝く空の……:

« 梅雨時はカビに注意 | トップページ | ぷららのWinny規制 »