« Winny作者に求刑(BlogPet) | トップページ | ウルトラヴァイオレット »

ネット媒体なのに

紙媒体なら紙面の制限でやむなく記事の一部を削除する場合があります。でも、ネット媒体は、そうした制限はない……はずなんだけどね。

元Microsoftの古川さんが、自身のブログで怒っています。
日経BP ITPro殿に、苦言

で、そのインタビュー記事がこっち。
「ビル・ゲイツはネット時代のアーキテクトにはなれなかった」:ITpro
(※すでにタイトルが変更されています)

ITpro編集部にしてみれば、衝撃的な見出しの方が読んでもらいやすいという意図があるのかもしれないけれど、インタビュー相手の意図を捻じ曲げてしまったら本末転倒だ。ジャーナリストなら、インタビュー相手の思いを最大限伝えるよう努力すべきではないか。その上で批評を加えるのは構わないと思うけれど。 百歩譲って編集者が挑発的な見出しをつけるのを良しとしても、なぜネット媒体で字数を削る必要があるのか?レイアウトが崩れるなら、複数ページにすればいいんじゃないかと。

なんて投稿してから確認したら、記事が修正されていました。タイトルも「ビル・ゲイツ氏引退の舞台裏」に変わっていてびっくり。あー、前の記事とっとけばよかったw

更に追記
shoda.Tさんがブログで記事の改定前後を検証しているので、リンクを貼っておきます。
shoda T.的うぇぶログ: ネット時代の記事訂正のあり方

« Winny作者に求刑(BlogPet) | トップページ | ウルトラヴァイオレット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/10809078

この記事へのトラックバック一覧です: ネット媒体なのに:

« Winny作者に求刑(BlogPet) | トップページ | ウルトラヴァイオレット »