« 今日のニャンコ(BlogPet) | トップページ | 日本沈没 »

ワイヤレス ジャパン

06072001  木曜日、東京ビックサイトで開催されている「ワイヤレス ジャパン」に行く。開催初日の昨日が大雨だったせいか、曇りの今日は人出も多くにぎわっていた。

06072002  ワイヤレスだけに無線技術の最先端が見れる、と思ったら、大きいブースはほとんど携帯電話絡みだ。たしかに携帯電話もワイヤレスだしね。中でも、入り口近くにあったウィルコムのブースは人気があった。先日発売されたばかりのW-ZERO3 ESを大量に展示して体験させていたからね。W-ZERO3よりも小さくなるなど、携帯電話により近づいた感じ。その分、液晶もキーボードも小さくなり、無線LAN機能もなくなった。(別のメーカーがminiSDカードの無線LANを出す)私も触ってみたけれど、どうも歳を取ると小さい操作がやりにくいなぁ。慣れの問題なんだろうけど。スタイラスペンによるタッチパネル操作の方が楽かも知れない。

06072004  携帯電話関連だと、FOMA用の燃料電池が展示されていた。6月末に立ち上げたばかりのベンチャーなんだそうな。現時点では携帯と比較してちょっと大きめだが、そのうちリチウムイオン電池に取って代わるのだろうか?
 ワイヤレス環境、特にモバイル環境というのは、バッテリーが重要な技術になっている訳で、電池の小型軽量化がなければ、これだけ携帯電話が普及することもなかっただろう。(肩掛け携帯電話を覚えているかっ!)MITあたりでは、人が歩く動作を利用して発電しようという研究もされているそうだが、それでも電池は不可欠。だから三洋がヤバイと日本から技術が流出するんじゃないかと心配になる。

 携帯電話以外には、BluetoothとZigBeeの展示が多かった。Bluetoothに関しては、これだけ対応製品が出ているのになんで普及しないんだろうと不思議になる。ZigBeeは多くのメーカーがモジュールを展示、また異なるメーカー間での相互通信デモなども見れたが、まだ絵に描いた餅だからなぁ。結局、ワイヤレス技術というのはインフラなのであって、その上に走るアプリケーションやコンテンツが充実しないといけないということ。
 そのほか、WiMAXやUMBの実証実験もちらほら。ワイヤレスUSB関連の展示が少なかったのが残念。来年くらいになれば対応製品がもう少し出てくるかな?少ないと言えば、IEEE802.11n関連も目立たなかったな。まだドラフト段階ということもあるのだろうが……。

06072003 面白いなと思ったのは、ICタグを使った交通ナビゲーションの実験。横須賀方面で実験するらしいのだが、ICタグを標識に埋め込み車が近づくと車載コンピュータと通信して、速度制限や注意をナビゲーションするというもの。ICタグというと、商品に取り付けて流通の履歴を管理するトレーサビリティに使うというアイディアが多いが、逆にICタグを固定して移動する側が必要に応じて情報を取るという使い方もアリなんだな。

« 今日のニャンコ(BlogPet) | トップページ | 日本沈没 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/11061970

この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤレス ジャパン:

» アップルBluetooth2.0対応新型「Apple wireless Mighty Mouse」販売開始! [SHODO(衝動)]
待望のBluetooth2.0対応ワイヤレス Apple wireless M... [続きを読む]

« 今日のニャンコ(BlogPet) | トップページ | 日本沈没 »