« お役所脳 | トップページ | 芝居を見に行く »

冥王星が消えるわけじゃない

プラハで行われたIAUの会議で惑星の定義が決定、それに従って冥王星は惑星ではなくなりました。でも、冥王星自体がなくなる訳ではないので、惑星ではない別の天体分類が必要になってきます。「dwarf planet」というのが、新しい冥王星の(暫定的な)分類です。
まだ和名の正式名称は決まっていませんが、メディアでは「矮(わい)惑星」なんて呼び方が出ています。なにせドワーフですから、日本語に直訳しちゃうと差別語になっちゃう可能性が高い(^_^;)ので、矮惑星あるいは矮小惑星といったあたりで落ち着くのではないでしょうか。つまらないけど。

ドワーフがいるなら、この際だからホビットとかフェアリーとかも作ったらどうか?フェアリー天体。なんか幻想的~なんて思ったら、ファンタジー脳になってますよw

ついでに、といっては語弊がありますが、これまでエッジワース・カイパーベルト天体と呼ばれてきた天体は、海王星軌道外の天体として「トランス・ネプチュニアン天体」と呼ばれるようになります。冥王星は、トランス・ネプチュニアン天体の代表例ということになります。

« お役所脳 | トップページ | 芝居を見に行く »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/11600376

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星が消えるわけじゃない:

« お役所脳 | トップページ | 芝居を見に行く »