« グエムル 漢江の怪物 | トップページ | マスコミの世論操作とネット »

規格策定先延ばし。

高速版Wi-Fi規格「802.11n」の策定プロセスがまた遅延--最終承認は2008年か(CNET Japan)

 IEEE(米電気電子通信学会)が2006年1月、802.11nと呼ばれる新標準のドラフトを承認した。そこに至るまでに、チップメーカー間で激しい論争が展開された。第2ドラフトは2006年の晩秋までに完成予定だったが、今はその予定が2007年1月までかかると見られている。そうなると、同標準が最終的に承認される時期は、2008年にずれ込むことになる。

 標準の承認が遅れた原因は、IEEEに提出されたドラフトにおよそ1万2000カ所もの修正が加えられたためだ。
------------------------

 IEEE802.11nの正式な規格化がまた延びた。802.11nというより、複数のアンテナを利用する「MIMO技術」を採用した規格といった方が知名度はあるかな?すでに国内でも、ドラフト版の802.11n規格を採用した製品が出ているが、来年にずれこむことでいろんな影響があるだろうな?正式版が出たら、ファームウェアのアップデートで対応するつもりなのだろうが、果たしてユーザーのニーズがどれほどあるのだろう?いや、ワイヤレスの高速化自身を否定するわけではないが、高速な環境が必要なコンテンツをワイヤレスで見るというニーズが、現時点ではそれほど大きいとは思えない。

« グエムル 漢江の怪物 | トップページ | マスコミの世論操作とネット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/11466627

この記事へのトラックバック一覧です: 規格策定先延ばし。:

« グエムル 漢江の怪物 | トップページ | マスコミの世論操作とネット »