« マスコミの世論操作とネット | トップページ | マスコミの世論操作とネット(BlogPet) »

X-MEN ファイナル ディシジョン

 半蔵門のTOKYO FMホールで、『X-MEN ファイナル ディシジョン』(原題:X-MEN LAST STAND)の試写会。

 前作『X-MEN 2』の後、人類とミュータントの一部は歩み寄りを見せていたが、以前、マグニートは姿をくらましたまま。そんな折、ミュータントの治療薬“キュア”が完成する。ミュータントとして生き続けるか、普通の人間として生きていくか、ミュータント達に選択が突きつけられる。一方、サイクロップスは行方不明になっていたジーンを湖で発見するのだが……。シリーズ完結編。

 以下、ネタバレあり。

 シリーズ3作目ともなると、各ミュータント能力の特撮も慣れたのか、前2作よりも派手になっているものの違和感はない。ストームがショートヘアになっているのは、今回肉弾戦アクションが多いからか?ハル・ベリーは3作目に出ないと言われていたが、アクションシーンが増えたので参加したんだろうか?
 それはともかく完結編ということで、一応、それぞれの結末を見せるようがんばっている。X-MENはスーパーマンと違って群像劇なので、数多くのミュータントが登場するわけで、ストーリー構成は難しいとは思う。だけど、殺しすぎなのでは?主要メンバーもあっさりあの世行き。特に、サイ(ピー)なんて、出てきたと思ったらすぐに…って、ジーンとウルヴァリンくっつけるために邪魔になったからだろー!かわいそうな、サイ(ピー)。まぁ、前作でも「えっ!ここで殺しちゃうの?」というのはあったが、今回はあれもこれもという感じ。メインが、ジーンとウルヴァリンで、その他にパイロvsアイスマンとかいくつか対立構造を組み立ててはいるものの、やはり全員を活躍させるのは大変なんだな、と思う。
 完結編と銘打ってはいるが、前作同様、続編のための伏線を最後に置いておくあたり、やるきマンマンだな。(エンドクレジットが終わるまで席を立たないように。)スピンオフ作品はできるかも、と監督がインタビューで答えていたが、単なる続編よりも主人公を絞ったスピンオフの方がまとまりやすいだろう。
 X-MENシリーズに特に思いいれはないので、失望もしなかったがファンは怒る展開だろうな。X-MENに限らずアメコミには、いくつかバリエーションが存在することが多々ある(バットマンが吸血鬼になっちゃう奴とか)し、今回の映画もそのバージョンのひとつと考えればいいんじゃないかと。

 最後のあれは、授業中に映ったビデオのあれだな。(嫁さんの推理)たぶんね。

« マスコミの世論操作とネット | トップページ | マスコミの世論操作とネット(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/11528660

この記事へのトラックバック一覧です: X-MEN ファイナル ディシジョン:

« マスコミの世論操作とネット | トップページ | マスコミの世論操作とネット(BlogPet) »