« 美輪明宏音楽会「愛」 | トップページ | 日本以外全部沈没 »

プリンタ新製品

EPSONとCANONの新プリンタ発表会に行って来ました。
同じ日にやるなんて、意図的なのか(^_^;)
詳しい記事は各メディアに掲載されると思うので、そちらをご覧ください。これは記事作成用のメモ程度ですから。

まず、EPSONの新商品発表会@赤坂プリンスホテル。
06092601 今年も複合機(マルチファンクション)メインですね。シングルファンクション、つまり単機能のプリンタは2機種のみ。単価も安くなっているので、企業戦略としてはラインナップが少なくなるのもやむなしといったところでしょうか。
特徴は、EPSON Colorの進化。補正技術も、より肌色がくっきりとでる補正や顔とその他のバランスを考慮した補正が可能になり、ユーザーがどちらを優先するかも設定できるように。印刷用紙もラインナップを拡充して、ハイビジョンサイズ用紙やL版よりも大きいキングサイズの写真用紙も。つよインクも耐光性、耐オゾン性がアップ。
今年は複合機モデルにもオプションですが、両面印刷ユニットが用意されました。はがき・年賀状作成時には両面印刷がとっても便利なのですが。フラグシップ機はそれなりの大きさですが(それでも昨年のモデルよりひとまわり小さくなってますが)、それ以外のモデルが事前資料で見た写真よりも小さい印象でした。CANONの発表会があったので、実機に触ったり説明を聞いたりできなかったのが残念。

次に、CANONの新製品発表会@品川インターシティホール。
昼食も摂らずに赤坂から渋谷へ移動…orz
06092602 CANONは、Super Photo Boxの三世代目に当たる今年、複合機もスクエアデザインに合わせてきました。普及機という位置づけのMP600は、初代Super Photo Boxを彷彿とさせるデザインです。サイズを小さくするために、天板部のスキャナベッドを斜めに配置してます。上位2機種のスキャナ部はCCD、透過原稿ユニット組み込みでフィルムスキャンにも対応していますが、MP600以下のモデルはCISでフィルムスキャン機能はオミットされています。(CISはCCDよりも薄型化が可能です)
ユーザーインターフェースには、「Easy Scroll Wheel」と名付けられた回転式のインターフェースが搭載されています。ホイールの回転に連動して液晶のメニューが回転します。回転で選択、中央のボタンで決定という手順で操作する形ですね。機構的には従来と同じく両面印刷機能標準装備の2Wayパスですが、紙送り機構にもエンコーダを追加、紙送り精度を上げています。うーん、ばらしてみたいw
オプションでBluetoothユニットが準備されています。Bluetooth対応機器からの直接出力が可能に。
06092603 CMキャラクターは、長谷川京子から山田優、蒼井優、夏帆の三人にバトンタッチ。横浜に住む三人姉妹という設定で、PowerShotと共同のCMです。

EPSONもCANONも、ネーミングは違えども「ユーザーが自宅でプリントアウトする環境」を作っていこうという認識のようです。CANONは楽観的ですが、EPSONは調査で「(撮影しても)プリントしない派」が3割いることに危機感を持って、どのようにこの層を取り込むかが課題と言っていました。難しいと思いますが。
そして、ホームネットワーク。EPSONは11月発売の最上位機種で、デジタルテレビに直接繋いで印刷する機能を搭載します。それに合わせて有線/無線LANも標準装備。それで1万円程度高くなっています。確実に来るであろう、ホームネットワーク時代への先行投資という感もあります。CANONは、依然と変わらずモデルごとに用意するのではなく、すべての機種に利用できるプリントサーバをオプションで用意し、こっちを使ってくれと。
どちらのアプローチが正しいかは分かりませんが、いずれ、すべてのプリンタに有線あるいは無線のポートが搭載されることになると思っています。うーん、どうしてもプリンタをPCの周辺機器と位置づけてしまうと、もっと早く搭載して欲しいと思ってしまうのですが、デジカメプリントがメインのユーザーにとっては、LAN機能は無用なのかもしれません。

« 美輪明宏音楽会「愛」 | トップページ | 日本以外全部沈没 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/12054050

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタ新製品:

« 美輪明宏音楽会「愛」 | トップページ | 日本以外全部沈没 »