« とか書いてた(BlogPet) | トップページ | プリンタ新製品 »

美輪明宏音楽会「愛」

 嫁さんと嫁さんのお母さん、嫁さんの叔母さんの4人で、美輪明宏音楽会『愛』をパルコ劇場に観にいく。お義母さんたちの年代はリアルタイムで丸山姓時代を知っているうえ、郷土も同じ長崎。今やほとんどテレビ・ラジオでは放送できない「ヨイトマケの唄」も聞いたことがあるどころか、ヨイトマケを知っている。近い親戚にも丸山姓がいるということで、シンパシーを感じる様子。嫁さんの母親孝行にもなっている気がする。(ヨイトマケの唄は、この間テレビで米良美一が歌ってたな)

 そういえば、自分はいつ、美輪明宏を知ったのだろう?随分と昔から知っていたような気がする。そういえば、小学校の頃からいろんなことを知りたがっていたからなぁ。今思えば嫌な餓鬼だった。家庭訪問で担任に『普通の子は湯飲みを正面から見るが、水野君は湯飲みを底から見る』なんて、分かるようで分かりにくい話をしていたな、親の前で。あぁ、あの先生はバリバリの共産党員だったなぁ。授業に赤旗新聞取り入れていたり。おっと、余計な昔話だった。

 でも、私が知った頃は、もうすでに美輪明宏は“化け物”だった気がする。いや、ほめ言葉で。化け物じゃなければ、美輪明宏という種類の生き物。そんな感じ。嫁さんは美輪明宏のファンだけど、私自身は好きというより面白い、興味深いといったところ。納得できる話もあるし、そうでない話もある。まぁ、戦前・戦中・戦後の話を聞ける機会も少ないしね。

 今回の音楽会は、第一部がオリジナル曲、第二部がシャンソンという構成。流石に、往年とは違う声だけど、声の張りというか声量はすごいね。正に化け物。(だから良い意味だってば)

« とか書いてた(BlogPet) | トップページ | プリンタ新製品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/12024946

この記事へのトラックバック一覧です: 美輪明宏音楽会「愛」:

« とか書いてた(BlogPet) | トップページ | プリンタ新製品 »