« 今日のニャンコ(BlogPet) | トップページ | モバイルSuica(続) »

ボウケンジャー&カブト

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス

突如、街に出現した巨大な岩山。そして謎の少女ミューズの呼びかけが。未知なる古代の遺産を受け継ぐべく、ネガティブ・シンジケートが動き出す。果たしてボウケンジャーはネガティブ・シンジケートよりも早く岩山にたどり着き、最強のプレシャスを手にすることができるのか?

仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

1999年、巨大隕石が地球に落下、海は干上がり、隕石から出現したワームが人類を襲った。秘密組織ゼクトは、マスクドライダーシステムを開発、ワームに対抗した。しかし、ゼクトの反乱分子がネオゼクトを立ち上げゼクトに反旗を翻した。隕石落下から7年後、ゼクトとネオゼクトが争う中に現れた青年、天道総司は仮面ライダーカブトに変身し、「自分を高く買った方に味方する」と言い放った。天道の真意とは?そしてゼクトが進める『天空の梯子』計画の真の目的とは?

以下、ネタバレあり。もうすぐ上映終了だからいいかw

まずボウケンジャー。
ガオとかマジの時の様な映画版オリジナルメカではなく、No.5~10のメカが合体する「ダイタンケン」が登場。元々、多くのメカが出てくるところが、ジェリー・アンダーソンっぽくて好きだが、こうした組み合わせを見せるのも好きだ。
登場といえば、日本のドラゴン、倉田保昭氏が明石暁(ボウケンレッド)の父親役で登場!最初に登場した時には、『あぁ、ドラゴンも歳とったなぁ』と思ったが、いやいやなかなかどうして、切れのあるアクションを見せてくれる。
特撮もテレビよりちょっとだけ豪華。ストーリーもテンポよく、楽しく見れた。
残念なのは、ネガティブ・シンジケートがあっと言う間にいなくなっちゃうこと。まぁ、雑魚はでてくるけど。もう少し、後半のストーリーにも絡んでいると面白かったのになぁ。

で、カブトの方だ。
仮面ライダーシリーズの映画版は、パラレル設定が多い。(響鬼は一応繋がりあったけど)シリアスな展開に、映画版のストーリーを組み込むのが難しいからなのだろう。今回もテレビ版では渋谷に落ちた隕石が、太平洋に落ちて海を干上がらせた、という設定。なんだ、パラレルかよっ!と思ったら、あんな方法でテレビシリーズに繋げるとは。(でも、龍騎に似てるといえば似てる)まぁ、あれなら、天道がなんであんなに物知り顔なんだとか、ベルトを持っていたのは何でだとか、いろいろと説明は付けられるな。映画版の天道がなんでハイパーゼクターのことを知っていたのかと言う疑問は残るが、安易にパラレル設定に逃げなかったのは好感が持てる。
気になったのは、描写だ。地上においては海が干上がった上にワームが現れて、人類は存亡の危機に立っている…はずなんだが、そうは見えない。お笑いの次長課長が出演しているシーンで「あっ!本物のサバだ!」という台詞がある。これで、サバも取れない世界という説明をしているのだが、その次長課長がきちんとしたスーツ姿だったり、水が配給制なのに、街中で平気でレストランがやっていたりと「人類の危機」という感じが全然伝わらない。例えば、シェルターの中でおびえて暮らす人々とか、電気や衣料品・医薬品もままならないといったような描写が必要だったのではないか。
そして、軌道エレベータと宇宙のシーン。もう突っ込みどころ満載。軌道エレベータのケージの上にワイヤーが。ワイヤーに引っ張られてんのかいっ!どんなモーターなんだよっ!宇宙側のステーションがどの位置に置かれているかは不明だが、少なくとも大気圏よりも上。なのに地表と同じような重力があるかのような描写。もし、静止軌道上から上下に伸ばす方法で作られた軌道エレベータなら、重力の方向は反対になるはずだから、下から伸ばしていく方法で立てられたんだろうなぁ。だとすると、意外に低いのかも知れない。ステーションから落ちたライダーが大気圏突入して燃え尽きないくらいだし(^_^;)
そんなことをツラツラと考えながら見ていたので、後ろの席のお子様たちが騒いでも余りに気にならなかったよ(;_;)ストーリーはともかく、描写に難があり過ぎて…ステーション内部が一昔前の東宝特撮みたいにチープだったりとか…もう少し何とかならなかったものかと。

« 今日のニャンコ(BlogPet) | トップページ | モバイルSuica(続) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/11813939

この記事へのトラックバック一覧です: ボウケンジャー&カブト:

« 今日のニャンコ(BlogPet) | トップページ | モバイルSuica(続) »