« ゴールデン・エイジ(1)幻覚のラビリンス | トップページ | 今日はウルトラマンとかこめられた(BlogPet) »

ダウンロードが罪になる

ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討(朝日新聞)

-------------------------------
 政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する。27日に開く知財本部コンテンツ専門調査会に事務局案を提案。罰則も設け、08年通常国会に提出をめざしている改正案に盛り込む。海外でも人気が高い日本のマンガやアニメなどの権利保護を強め、コンテンツ産業の育成を促す狙いがある。

 現行の著作権法では、著作権者の承諾なしに複製したコンテンツをネット上に流すことは違法だが、違法コピーをダウンロードしても、個人で利用する限りは著作権の侵害とはならない。このため、ネット上で違法コピーを入手する行為が横行しても、規制するのは極めて困難だ。

 政府は「世界トップクラスのコンテンツ大国を実現する」との方針を掲げ、アニメや映画、ゲーム、音楽、出版などのコンテンツ産業の市場規模を、2010年までに15兆円にしたいとの目標を04年に設定している。

 知財本部は、現状を放置すれば正規のコンテンツの買い手が減り、正当な利益を得られない制作者が創作意欲を失いかねないと判断。海賊版のダウンロードが違法であることを明確にすることでその流通を減らし、コンテンツ産業を成長分野に育てたい考えだ。
-------------------------------

 海賊版を防止するために著作権法を改正する、ということには反対はしないのだが、(概要だけだとよくわからない)具体的にはどんなことをしようとしているのだろう?すさまじく前途多難な気がするのだが。

 第一に、海賊版かそうでないかを「誰が」「どうやって」判別するのか。現在のように著作権者が訴えるしかなければ、いたちごっこ状態は改善されない。正規のものかどうかを瞬時に判別できるしくみが必要だろう。

 第二に、「ダウンロード」の定義だ。厳密に言えば、ブラウザでウェブページを開いただけでもダウンロードしたことになる。悪意のある人間が、海賊版の画像をオープンな場所に置き、それをたまたま見てしまったという場合、見てしまった人間も罪に問われるのだろうか?

 第三に、どうやってダウンロードした個人を特定するのかという点。IPを追っかけることはできるだろうが、ものすごい労力になる。また、海外のサーバーを経由していたりすれば、さらに面倒なことになる。

 第四に、海外でのアップロード/ダウンロードにどう対処するかという点。国内法では海外までは影響を及ぼせない。著作権に関しては、それぞれの国で考え方も違うし取り組みも違う。現状を見ても、海賊版の問題は、国内よりむしろ海外(中国、韓国など)の方が深刻なのではないか。

 法律と技術がリンクしていないから、どうしても法律が泥縄かつ笊になってしまう。ちゃんとネットワーク技術に詳しい人間を交えて、著作権を守るしくみや技術と一緒に議論しなければ、いつまで経っても同じことの繰り返しだ。

・追記

知的財産戦略本部

« ゴールデン・エイジ(1)幻覚のラビリンス | トップページ | 今日はウルトラマンとかこめられた(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/12807348

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンロードが罪になる:

« ゴールデン・エイジ(1)幻覚のラビリンス | トップページ | 今日はウルトラマンとかこめられた(BlogPet) »