« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

とか書いてた(BlogPet)

昨日、ひろ2号が
12/13、京都地裁でWinnyグーグルに対し著作権法違反のほう助罪で罰金150万.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

グーグル八分とは何か?

 グーグル八分とは何か 「悪徳商法?マニアックス(悪マニ)」のBeyond氏によるグーグル八分についての解説本。特定のウェブページがグーグルの検索結果に表示されない「グーグル八分」について、実例を挙げて紹介しているとともに、その危険性についても言及している。そういえば、グーグル八分を知ったのも悪マニだったな。内容的には、悪マニをチェックしていれば知っているであろうことだったが、ちゃんとそもそもの初めから系統立てて記述されているので、とても分かりやすくなっている。

 改めて、やはり企業にとっては「透明性」が何より重要なのだなと感じた。

焼き芋

嫁さんの強い要望で、焼き芋を買ってみる。

おいもや

06122901 ←焼き芋が真空パックされている。

そのままでも、レンジで温めてもOKとのことなので、とりあえず一本目はレンジでチンしてみた。

06122902 ←断面はこんな感じ。

確かに甘くておいしい。

堺三保氏を励ます会(BlogPet)

来年、アメリカで多方面と大きい堺三保氏と大学院や広いアメリカと広い堺三保氏が、来年早々からアメリカの大学院へ行くということ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

視点がどこを向いているのか

 以前、はやぶさの記事で勘違い振りを発揮していたNIKKEI NETの清水正巳編集委員がまたやってくれた。

NET EYE プロの視点 日本の宇宙開発はノーベル賞を狙っているか(12/20)

続きを読む "視点がどこを向いているのか" »

個人を狙うオリコンの訴訟

 音楽ヒットチャートなどを提供しているオリコンが、フリーの音楽ジャーナリスト個人を相手に名誉毀損の訴訟を起こした。

「オリコンチャート」記事めぐりジャーナリストに賠償請求 「言論妨害では」と批判も(ITmedia)

雑誌にコメントしたライター 5,000万円賠償請求される(livedoor)

続きを読む "個人を狙うオリコンの訴訟" »

とか思ってるよ(BlogPet)

ひろ2号が
12/13、Winny地裁でWinny作者に対し著作権法違反のほう助罪で罰金150万.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

Winny裁判に有罪判決

 12/13、京都地裁でWinny作者に対し著作権法違反のほう助罪で罰金150万円の有罪判決が出た。判決の理由を裁判官は「「技術自体の価値は中立的だが、著作権侵害への利用を認識し、弊害も知っていた。独善的かつ無責任な態度で非難は免れない。しかし侵害のまん延を積極的に意図したわけではない」と述べたという。なんだかよく分からない判決理由だ。著作権侵害があっても構わないという「未必の故意」と言う奴か?作者の態度が気に入らないから罰金ということなのか?

続きを読む "Winny裁判に有罪判決" »

堺三保氏を励ます会

 多方面で活躍されている堺三保氏が、来年早々からアメリカの大学院へ行くということで、壮行会が行われた。場所は赤坂。

続きを読む "堺三保氏を励ます会" »

プリンタ画質比較

 9/26のエントリー「プリンタ新製品」で、エプソンとキヤノンの新製品発表会に行ったことと最新モデルのファーストインプレッションを書きました。記事を書く都合上、実機(EPSON PM-A970,CANON MP-980)を何日かお借りして印刷もいろいろと試してみました。あれから時間が経ってしまいましたが、プリンタをキーワードに検索して来られる方も多いようなので、今回は画像面での比較を書いてみましょう。

 といっても、ここで表示するものは印刷したものをスキャンしたものであり、それをパソコンの画面で見ることになるわけですから実際のものとは異なることをあらかじめご了承ください。一番いいのは、店頭デモ機などで自分の撮った写真あるいはデータを持って行って実際に印刷して比較することです。

続きを読む "プリンタ画質比較" »

ブログ炎上事例(BlogPet)

と、シャムが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

トゥモロー・ワールド

 人類に子供が生まれなくなって18年。世界は荒廃し、ロンドンだけがかろうじて文化的な社会を維持していた。その一方で、イギリス政府は外国人を排斥し、不法居住者を厳しく取り締まっていた。絶望が世界を包む中、希望を失い漫然と日々を過ごすセオは、ある日、テロリスト集団“フィッシュ”に誘拐される。テロリストのリーダーとなっていたかつての恋人、ジュリアに、セオはある少女を逃がすための助力を求められる。

 新しい子供が生まれず、緩やかな死に向かって歩んでいく荒廃と絶望が支配する世界。SF的にはありふれたテーマと言える。60年代~70年代の科学万能なユートピア映画から、80年代からはこうしたディストピアを描いたSF映画は数多い。この映画でも、一部の特権階級のみが豊かな生活をしている様子が描かれるが、そこにも絶望の影が忍び寄っている描写がある。途中までは、まったく救いのない映画なのだ。

 (以下、ネタバレあり。)

続きを読む "トゥモロー・ワールド" »

隠された文字は...

 横浜にある病院の看板。「よこはま  と胃腸の病院」。

 日本テレビの報道番組「リアルタイム」の特集「リアル目線」で、今日放送された「“空白の看板”のナゾ 路頭に迷う乳がん患者」に登場した「よこはま乳腺と胃腸の病院」の看板だ。なぜか看板からは「乳腺」の文字が消されている。これは「乳腺」が病院の看板として認められていないからなのだという。この病院長は裁判に訴えたが、今日判決が下された最高裁の判断は、乳腺と言う文字を看板として認めないというものだった。

 そもそもなぜ乳腺が看板として認められていないのか?番組で厚生省に問い合わせたところ「議論はあったが乳腺が一般的ではないから」認めていないというものだった。

 もしあなたやあなたの奥さん、恋人が胸にしこりを感じるようなら、乳がんを疑うだろう。そのためには何科を受診するだろう?婦人科?産婦人科?内科?いや、乳がんの専門は「乳腺科」あるいは「乳腺外科」なのだ。

 乳腺科、乳腺外科を探すなら、乳がん学会のサイトから調べられる。

日本乳癌学会ホームページ
http://www.jbcs.gr.jp/

 一般的じゃないと厚生省が言うのなら、ちょっとでも知る人が増えるようにと思い記事にした。

ブログ炎上事例

 “ネットリテラシー”なんていかにもな言葉を使わなくても、ネットでも実社会と同じなのだという認識があれば、ブログが炎上することもなければ対応を誤ることもない。間違ったことを書けば(言えば)叩かれるのは当然。実社会だって、そうだろう?ただネットでは、実社会のようにフィルタが掛かったりせず、直接非難・批判を受けるだけだ。

 後々(?)のために、最近の例を挙げておこう。

続きを読む "ブログ炎上事例" »

一緒に還ろう(妄想)

続きを読む "一緒に還ろう(妄想)" »

朝日新聞がISPに圧力?

 悪徳商法を紹介している『悪徳商法?マニアックス』のサーバー運営に、朝日新聞からクレームが入ったらしい。

朝日新聞社が、著作権侵害を楯にプロバイダにクレームを付けてきました

続きを読む "朝日新聞がISPに圧力?" »

きょう(BlogPet)

きょう、広告したいなぁ。
ひろ2号と広告するつもりだった。
ひろ2号と奴も比較したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャム」が書きました。

過剰反応?

 昨日、本屋で本を探していた時に見つけたフレーズ。

『ネットには心がない』

 もうね、何を言っているのかと。道具であるネットに心があるわけがない。というか、心があったら怖い。もし、「心がない」と感じるのであれば、それはネットを使っている人間の心がないと感じるだけ。
 それともなにか、ネットワークは人間の心というものをフィルタリングするとでも言うのだろうか?30年近くネットワークを利用しているけれど、ネットワークにそんな機能があるとは知らなかったよ。私は十分にネットワークを通じて人の心を感じるけどなぁ。ネット上で知り合ってリアルで会った人たちはもちろんだけど、誰とも知れない書き込みに心打たれる時もある。
 「ネットには心がない」と言う言葉には、「ネットワークを通じて人の心を受け取る能力・感情がない」と自ら暴露しているようなものじゃないだろうか?そこまではいかなくても、ネットを人の心が通わない、鉄で出来た化け物のように思わせたい(思いたい)という気持ちがあるからじゃないか?

 このフレーズは、ある人の対談集に出ていた言葉なのだけれど、詳しく読んではいないので、どういった経緯で出た言葉なのか、どのような意図を持っていたのかは分からない。(後者については対談者から大体想像が付くけど)ただ単に、本を手に取らせるための煽り文句だったのかもしれない。そんな言葉に拒否反応を示す私がおかしいのかもしれない。それでも、そんな言葉でバッサリ切り捨てるのはどうだろう?と思わずに居られない。

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

 今日は12/1。神奈川県では映画の日ということで、おなじみ109シネマズ港北で『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』を観る。

 異次元人ヤプールの怨念が送り込んだ究極超獣「Uキラーザウルス」から地球を救うため、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンエースの四人はUキラーザウルスをヤプールの怨念もろとも神戸沖の海底に封印した。それから20年。ヒビノ・ミライ=ウルトラマンメビウスは、神戸港の不穏な気配を察知、単身調査に乗り込んだ。神戸でミライは、変身能力を失い人間として暮らす4人のウルトラ兄弟にであった。しかし、すでにザラブ星人、ガッツ星人、ナックル星人、テンペラー星人による宇宙人連合は、Uキラーザウルスを復活させるため、メビウスとウルトラ兄弟を罠に掛ける。はたしてウルトラ兄弟たちは罠を打ち破り、宇宙人連合とヤプールの怨念を倒すことができるのだろうか?

ちょっとネタバレ。

続きを読む "ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟" »

明日への誓い

若き女船長カイの挑戦 明日への誓い 一族の裏切り者オスマン・ヴァッタを倒し、武装貨物船<フェア・カリーン>を手に入れたカイは、自分の貨物船<ゲイリー・ドバイ>を従姉妹のステラに任せ、無事船団を目的地まで運んだ。しかし、法的トラブルを避けるためステラを残し次の星系への移動を余儀なくされる。そしてカイは宙賊に対抗する手段として、私掠船団を集めた戦闘集団の設立を思いつくが…。
 若き女性船長の活躍を描くシリーズ第三弾。

続きを読む "明日への誓い" »

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »