« 堺三保氏を励ます会 | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »

Winny裁判に有罪判決

 12/13、京都地裁でWinny作者に対し著作権法違反のほう助罪で罰金150万円の有罪判決が出た。判決の理由を裁判官は「「技術自体の価値は中立的だが、著作権侵害への利用を認識し、弊害も知っていた。独善的かつ無責任な態度で非難は免れない。しかし侵害のまん延を積極的に意図したわけではない」と述べたという。なんだかよく分からない判決理由だ。著作権侵害があっても構わないという「未必の故意」と言う奴か?作者の態度が気に入らないから罰金ということなのか?

 この裁判に関しては、原告に対し批判的な立場だ。被告が著作権侵害を意識していたことは明らかだと被告を叩く人もいるが、そんな目先の小さな問題ではない。私が批判的名のは、被告本人に著作権侵害の意図があったかどうかは分からない(たぶん誰にも。本人にも)し、なにより警察・検察の「一々違反者を捕まえるのは面倒だから作者を捕まえてしまえ」という“見せしめ”的な裁判であると感じているからだ。

 こんな茶番をせずに、著作権侵害があったなら一人ずつ検挙していけばいい。それが犯罪を抑止することに繋がる。(何度も書いていることだけれど)せめて、Winny作者と連携し著作権侵害を判定するしくみをつくるべきであった。

 たとえば、私が意地の悪い警察官僚だったとしたら、Winnyにこっそりダウンロード者を特定できるようなしくみを非公式に組み込ませたバージョンを作らせる。そして、そのバージョンがいきわたり古い(個人特定のしくみを組み込んでいない)バージョンが使われなくなったところで、著作権違反者をいっせいに摘発する。ま、これはひどいやりかただと思うけど。

 警察が著作権違反者をその都度検挙しないのは、身内にその対象が多くいることが明らかだからなんじゃないかという邪推もできる。現に、ウィルスに感染してWinny経由で情報を流してしまった公務員は枚挙に暇がない。

 もうひとつ、こんな理由で有罪になるようなら、技術者が新しい技術を開発しようとしなくなるのではないかという危惧もある。例えば、車の開発者がその車を使った殺人が行われたとして殺人幇助に問われるとしたら?誰も車を作ろうとしなくなる。もしくは、そんな罪に問われない海外で開発をする。すでに日本の頭脳が海外へ流失しているという現実がある。もし、高裁・最高裁でも有罪となったなら、海外ではどのように見られるだろうか?恐らく多くの優秀なエンジニアが海外へと流出するに違いない。そうなったら誰が責任を取るのだろう。

 (一部の社会主義国家は別にして)インターネットに国境はない。Winnyは起訴できても、WinMXやShareは起訴できない。国内法だけでなく国際法もネットの拡大についていくことができない。目先のことに捕われ、変なプライドにしがみついて方向を見誤れば、世界から取り残されることにもなりかねない。まずは十分な論議を尽くし、法律を整備することが大切なのではないだろうか。

ウィニー裁判:元東大助手の金子被告に有罪判決 京都地裁(毎日)

ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決…京都地裁(読売)

« 堺三保氏を励ます会 | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/13055499

この記事へのトラックバック一覧です: Winny裁判に有罪判決:

« 堺三保氏を励ます会 | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »