« 007 カジノ・ロワイヤル | トップページ | きょうシャムが紙面を君臨したかもー(BlogPet) »

ネット君臨

 元旦の紙面から連載が始まった、毎日新聞の特集『ネット君臨』。ネット社会を考える連載、とのことだがタイトルからしてネットに対する敵意が見え隠れする。そもそも「ネット(で)君臨(何が?)」なのか「ネット(が)君臨(何に?)」なのか。私の持論としては「ネットは道具」でしかないのだから、君臨したりされたりするものじゃない、故に違和感を感じるのだろう。まぁ、常日頃マスコミによるネット叩きに辟易しているという印象も影響していないとは言えないが。

 その連載第一回が『第1部・失われていくもの/1(その1) 難病児募金あざける「祭り」-ネット君臨』だ。第一部となっているから、ある程度長く連載していくのだろうと思われるが、いきなり昨年ネット上で話題になった募金騒動を持ってくるとは。

---------------
 新聞各紙に「さくらちゃんを救う会」の募金活動の記事が掲載された昨年9月22日朝。インターネット掲示板「2ちゃんねる(2ch)」に家族を中傷する匿名の書き込みが始まる。「また死ぬ死ぬ詐欺ですかw」。「w」は笑いの意味だ。移植の募金はこれまでも「会計が不透明」と批判されてきた。

 NHK勤務の父昌広さん(54)と母和子さん(45)が記者会見で職業を「団体職員」と公表したことも災いした。後でNHKと答えたが、手遅れだった。「NHKキタ---(゜∀゜)---!!!!」と顔文字を付け、はやし立てる。「高給取りを隠して同情を買おうなんて詐欺だな」

 両親が借金などでねん出した3000万円の自己負担を公表しても攻撃はやまない。ローンが残る住宅しかないのに「十数億円の資産がある大地主」と虚偽の情報が書き込まれた。自宅の登記簿や写真もネット上にさらされた。「だまされて募金したので返してほしい」。救う会にはメールや電話が続いた。
---------------

 ネット上で一方的に攻撃されたような記述だが、何の理由もなしに祭りになった訳じゃない。祭りになったきっかけは、両親がNHK職員であったことが暴露されてからだ。つまり、前後関係が逆なのだ。記事にあるような、それまでの多くの募金活動が収支を明確にせずに人の善意を食い物にしているという、誰もが思っている不満があって、たまたま吐き出し口になってしまったという捉え方もできるが、やはりメディア関係者であることを隠したことが大きいと思う。

 また、記事中ではあたかも中傷ばかりが書き込まれたかのように書かれているが、実際には擁護もあったし冷静な意見もあった。そうした事実を無視して、悪意に満ちた書き込みばかりだと思わせる、つまり『ネット=害悪』であるという印象操作を行っている。続く記事にもそうした意図が見え隠れする。たとえば1/4付けの記事「静かな職場、システムが社員監視」では、特殊な例を挙げて「このままネットワーク化が進んでいけばどうなるか?」などと不安を煽っている。ほんの一部の例を挙げてそれが全てであるかのように書くのは、ジャーナリズムとして正しい姿なのか?

 1/3付けの記事「レア物求め、嫌がる女児撮影)」では、ネット社会と児童ポルノを結び付けている。年端も行かぬ子供たちを性欲の対象にするなんて、唾棄すべき行為だと思うし、犯罪者は厳しく取り締まるべきだと思う。が、児童ポルノという罪をネットワークだけに転嫁しようとする論調には同意できない。(ネットがなくなっても何らかの代替手段が利用されるだけだ)この記事に対するアンケートの設問にも、ネットと児童ポルノを結び付けようという意思が明確だ。

-----------
◆ネットで被害が一層深刻化している児童ポルノについて所持禁止も含めて罰則を強化するべきだと思いますか
-----------

 ネットで被害が深刻化しているというのはどういう意味だろう?毎日新聞は具体的な数字として持っているのだろうか?下記のサイトを見ても分かるように、少なくとも性犯罪とネットワークの普及に関連性は認められないことから、これも悪意を持ったミスリードであると思わざるを得ない。

幼女レイプ被害者数統計

 ネットワークの普及によって、いわゆる同好の志が集まりやすくなった(横のコミュニケーションが取りやすくなった)のは事実かもしれないが、それはすべての面に言えることで性犯罪に限ったことではないだろう。

 ほかにも突っ込みどころ満載ではあるのだが、新聞と言うメディアがネットワークを正面から取り上げたという点については評価したい。新聞としてはネットを悪いものと位置づけなければならない、故に攻撃的な記事になるということも理解できる。(納得はできんがな)この連載がどこらへんを着地点にしたいのか、それとも流動的に変化していくのかは分からないが、関心を持って見ていくことにする。

« 007 カジノ・ロワイヤル | トップページ | きょうシャムが紙面を君臨したかもー(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

2ヶ月前さくらちゃん基金を作ったらしいのですが、救う会公式サイトで全く報告がありません。決算報告もなされぬまま、謎は深まるばかり。

さくらちゃんを救う会 事務局から
http://www.sakurahelp.com/re-contents/jimukyoku.html
>会計報告(支出報告)を更新しました。 (08年8月3日)
>支出報告を更新しました(6月末分まで)。6月の出納はありませんでした。

日本移植支援協会の基金管理
http://www.ishokushien.com/kaikeihoukoku/sakurakessan.htm
さくらちゃん基金は患者さんのために有効に使われております(下記が明細です)
>2008年6月9日 「恵介くんを助ける会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 「大輔君を救う会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 「美里さんを救う会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 当協会(活動費として)へ200万円を寄付

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/13362078

この記事へのトラックバック一覧です: ネット君臨:

« 007 カジノ・ロワイヤル | トップページ | きょうシャムが紙面を君臨したかもー(BlogPet) »