« とか考えてたよ(BlogPet) | トップページ | そのまんま宮崎 »

2007/01/22

アイアン・サンライズ

アイアン・サンライズ  惑星モスコウは、禁断の兵器、鉄爆弾によって超新星化した恒星の衝撃波により壊滅した。4年後、≪鉄の夜明け≫(アイアン・サンライズ)が迫るオールド・ニューファンドランド・フォーで、16歳の少女、ウェンズディは追ってから逃げていた。死体と大きな陰謀を示唆する書類を見てしまったからだ。
 進化の≪特異点≫、シンギュラリティ以降の人類を描くシリーズ2作目。

 破滅が迫るステーションの中、16歳の少女が重大な秘密を知ってしまい、追っ手から逃げるシーンから、次々とドキドキさせるシーンの連続。前作『シンギュラリティ・スカイ』の主人公、レイチェルとマーティンも登場するが、本作だけでも楽しめる。様々な技術やアイディアが盛りだくさんに(時には消化不良になるくらい)盛り込まれた前作と同様の百花繚乱なテクノロジーはいたるところに散りばめられているが、本作ではそれが少し背景に移動しキャラクター中心に非常にすっきりとまとめられている。ストーリーも分かりやすく、伏線も非常に効果的に使われている。SFを読みなれていない人にとっては、こちらの方が読みやすく面白いかもしれない。

|

« とか考えてたよ(BlogPet) | トップページ | そのまんま宮崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイアン・サンライズ:

« とか考えてたよ(BlogPet) | トップページ | そのまんま宮崎 »