« アイアン・サンライズ | トップページ | それでもボクはやってない »

そのまんま宮崎

タイトル語呂悪し(-_-;)

 最初は泡沫候補とか言われてたっけ。テレビのインタビューで「宮崎の恥です!」なんて答えてた女性もいたし。でも結局有権者は、従来の政党絡みの候補を嫌ってしがらみのない人を選んだわけだ。まぁ、官製談合の後に役人を擁立する神経がね、有権者をバカにしているとしか思えないし。保守分裂ったって、現状で民主が自民と相乗りするハズがないのは明白だったし、後付の敗因でしょう。
 そのまんま東氏の知事としての能力は未知数だけど、「政治家としての実績がない」とか「素人に何ができる」とか言う批判は、なんだかピントがずれてるよなぁ。誰だってどんなことだって、最初は素人。実績なんか後からついてくるもんだし。実績があったって、良い政治をしているかどうかも分からないし。
 政治家といえば、社民党に阿部知子なる人物がいるのだが、これが自身のメルマガでとんでもないことを書いている。

カエルニュース

-------------------------
 阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。
-------------------------

 いろんなブログでも取り上げられているので多くは語らないが、震災当時、自衛隊の最高指揮官は“社会党党首 村山富市首相”、元のボスだ。つまり、村山元首相の判断が遅れたことが、自衛隊が動けなかった理由。また、アメリカ第七艦隊からの支援を断ったのもこの人。のちの答弁で「なにぶん初めてのことですので」と回答し支持率が急落、政権交代の要因になったことを忘れたのか?万一、命令がないのに自衛隊が出動していたら、この人は「シビリアンコントロールを無視した」とか騒ぐに違いない。(それに似たことが羽田沖の日航機墜落事故で起こっている。命令を待たず人命を救助した指揮官が左遷された)
 それに「国土保安隊」って何?自衛隊の前身なら、警察予備隊だろ?「防災のため」じゃなくて、安全のための組織じゃないか。まったくこんな人が政治家なんてよく言えるもんだと思ったら、小選挙区で落選して比例で当選しているのね。やれやれ。

 ちなみに上記の「国土保安隊」という文面は、阿部氏のホームページ上では「警察予備隊」に修正されている。メルマガのバックナンバーまでは手がまわっていないようだが。また、阿部氏の秘書のブログもあったのだが、コメント欄が炎上して閉鎖。国民から逃げちゃいかんだろ。

« アイアン・サンライズ | トップページ | それでもボクはやってない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うっ、うまい!
うけたした。
はじめまして、そしていきなり失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/13623324

この記事へのトラックバック一覧です: そのまんま宮崎:

« アイアン・サンライズ | トップページ | それでもボクはやってない »