« 今日のニャンコ | トップページ | デブリ・キャッチャー »

スペースデブリ

 先日、中国がミサイルで人工衛星を爆破した。自分ところの衛星を自分で破壊したのだから関係ない、とはいかない。人工衛星を爆破したお陰で、大量のスベースデブリが人工衛星軌道上にばら撒かれた。軌道上には中国の人工衛星だけが存在するわけではなく、日本のみならず世界中の人工衛星が影響を受けることになる大問題なのだ。
 そうでなくても、スペースデブリはすでに宇宙開発における問題となっていたのに、中国は他国の迷惑なんぞお構いなしに新たなデブリを撒き散らした。日本が中国に対してクレームをつけるのは当然のことだ。

 にも関らず、トンチンカンな記事を載せたのが毎日新聞だ。以下、抜粋。

早い話が:星くずのブーメラン=金子秀敏

---------------------------------
 中国がミサイルを使った衛星撃墜実験を行ったら、握りこぶし大のスペースデブリ517個が発生した。地球の周囲を周回している。もしも、ほかの人工衛星や宇宙ステーションに衝突したら大事故になるという。

 日本政府はこのデブリで中国を非難した。確かにデブリの発生は問題なのだが、よく考えるとデブリはブーメランのように日本自身に戻ってくる問題でもある。

 なぜなら、宇宙空間を飛んでくる敵のミサイルを迎撃ミサイルで爆破するという米国のミサイル防衛(MD)システムに、日本は資金面、技術面で協力しているのである。

 ミサイル防衛に反対する米国の科学者たちは「ミサイルの迎撃は大量の宇宙ゴミを出すので、低軌道を使う人工衛星が永久に使えなくなる」と警告している。中国製のデブリが悪いなら、ミサイル防衛で出る米国製デブリも非難されなければならない。
---------------------------------

 第一に、人工衛星を「故意に」破壊する行為と、いわば『』であるミサイル防衛システムを同列に扱うべきではない。個人的にはMD構想に対しては懐疑的なのだが、相手がミサイルを撃たなければなにも起きないことは分かる。
 第二に、MDによって本当にデブリが発生するのか?という点。MDについてはあまり詳しくないのでちょっと調べてみた。外務省サイトにMDの概念図が掲載されていたのでリンクしておこう。

ミサイル防衛(MD)の概念(外務省)

 普通、物体を投げれば放射線を描き、その頂点で運動エネルギーは0になる。例えばボールを掴むなら、その瞬間に横から手を出せば楽なのだが、弾道ミサイルの場合はそういうわけには行かない。何しろ空間的サイズが違う。頂点(MDで言うところのミッドコース段階)に達した瞬間を捉えても、それを破壊しようとして対空ミサイルを発射しても、そのミサイルが到達する頃には下降を始めているから迎撃しようとすればすばやく正確な軌道計算が必要になる。また、弾道ミサイルは頂点付近で推進部分と弾頭部分が分離する。弾頭部分は(ミサイルのスペックにもよるが)それほど大きいものではない。それを迎撃するのは大変な技術が必要になる。

 先日、日本でもキネティック弾頭の実験に成功しているが、実際に大気圏外での迎撃に成功したわけではなく、あくまでも実験室レベルのこと。大気圏外でのミサイル迎撃の実現はまだまだ遠い。では、もっと効率よくミサイルを迎撃するにはどうするか。発射直後の上昇中(ブースト段階)を狙うのが現実的だ。ただし、近距離(例えば北朝鮮から日本のような)場合、発射~ブースト~ミッドコース~着弾までが非常に短いため、やはり迎撃は困難を極めるだろう。(だからMDは役に立たないと私は思っているわけだ)

 こうしたことを踏まえてMDによってデブリが発生するかどうかを考えてみる。大気圏内であるブースト段階で迎撃すれば当然デブリは生まれない。では大気圏外となるミッドコースではどうか。そもそも弾道ミサイルは軌道に乗る速度(第一宇宙速度:約7.9km/s)は持っていないというか、敵陣に「落ちること」が目的なので軌道に乗ったら意味がない。従って、ミッドコース段階で破壊しても破片は大気圏に再突入して燃え尽きてしまう。したがって、ミサイル防衛システムにより弾道ミサイルが破壊されたとしても、デブリが発生する可能性は極めて低い(ゼロとは断言できないが、ゼロに近い)と言えるだろう。
 「ミサイルの迎撃は大量の宇宙ゴミを出す」という米国の科学者たちとは一体誰なのか、名前を教えてもらいたいものだ。

 また、記事後半では中国のレーザー兵器開発に触れて

----------------------
 かつて米国とロシアが弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約を結んでいた当時、ミサイルによる衛星攻撃は禁止されていた。レーザー兵器はそれに代わって開発された。
----------------------

と書いているが、ABMは米国とロシアの二国間における「戦略弾道ミサイルを迎撃するミサイル・システムの開発、配備」を制限する条約であり、衛星攻撃を禁止する条約ではない。そもそも今回の人工衛星破壊は、ABM条約に縛られていたふたつの大国の隙をついて、中国が急速に軍拡を推し進めた結果とも言えるのではないか?

ABM条約(外務省)

 MD構想と言う抑止力に対して、中国は人工衛星をミサイルで破壊するというデモンストレーションを行うことで、他国との外交を有利に進めようという意図なのだろう。それを知ってか知らずか、中国の思惑を後押しするような記事を掲載するとは、一体、どこの国の新聞なのだ、と言いたくもなる。

 最後に記事はこう締めくくられる。

-------------------------
日本が中国の宇宙軍拡に反対しようとするなら、ミサイル防衛にも反対しなくては筋が通らないのである。(専門編集委員)
-------------------------

 つまりミサイル防衛に反対していないのだから、中国の軍拡に文句を言うなということだろうか?中国のミサイルはよいミサイルということか?

 だがそれは順序が逆ではないだろうか。中国の軍拡があったからこそ、ミサイル防衛構想なんて(確率の低いあやふやな)ものにかけざるを得なくなっているのではないか。中国を擁護したいがために、事実を調べもせず(あるいは知っていて意図的に捻じ曲げているのか)このような記事を書くことがジャーナリズムなのか。情けないったらありゃしない。

« 今日のニャンコ | トップページ | デブリ・キャッチャー »

サイエンス」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/13847517

この記事へのトラックバック一覧です: スペースデブリ:

« 今日のニャンコ | トップページ | デブリ・キャッチャー »