« 4月アニメ新番組 | トップページ | 蟲師 »

ただ流すだけなら…

仮にもジャーナリズムを名乗るのであれば、ただ左から右に流すだけじゃなく少しくらいは検証してくれ、という記事。

「病原体の生体実験 毎日2~3人解剖」

---------------------------------
731部隊元隊員証言
 戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた旧日本陸軍731部隊の衛生兵だった三重県尾鷲市の大川福松さん(88)が8日、大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、「毎日2~3体、生きた人を解剖した」と証言した。当時の体験を人前で明かしたのは初めてで、「不正なことは、社会に、はっきり示さなあかんと思うようになったから」と語った。

 大川さんは早稲田大で細菌学を学び、1941年に召集。44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、衛生伍長をしていたという。所属した班は、ペストやコレラ、梅毒などの病原体を人体に注射して感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、「そのうち、毎日2~3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。多い時は1日5体を解剖した」と証言した。

 子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。「子どもが泣いている前で、母親が死んでいった。子どもは凍傷の実験台になった」と語った。

(2007年4月9日  読売新聞)
---------------------------------

 従軍慰安婦と731部隊のコンボ技。いやぁ、日本軍は酷いことしたんだなぁと思わせる記事だ。こんな記事を使って日本人は悪いことしたんだと教えるアホ教師がいるんだろうなぁ。(この時点で日本軍と日本人のすり替えがあるわけだが、それはまた別の話)
 こうした記事を放っておくと、いつの間にかこれが既成事実になってしまうから恐ろしい。
 さて、ここで証言している大川氏という方は、御歳八十八歳ということだから、お生まれは1919年、数え年なら1920年ということになる。1941年といえば21か22歳で飛び級したとしても召集されたときに大学生だったことは確実でしょう。え?ちょっとまって。当時の大学は徴兵免除されていなかったっけ?そう、大学生の招集が始まったのは、戦局が悪化した1943年で、それまでは27歳にならないと徴兵対象ではなかった。しかも理系は免除。つまり、1941年に理工系の大学に在籍していたのなら召集されるというのはおかしい。(疑問1)また、早稲田大学には当時も現在も医学部はない。早稲田大学のどこで細菌学を学んだのか?(疑問2)※注1大学途中で(ありえないけど)召集あるいは志願したとして、大学生(あるいは卒業生)が3年経っても下士官の衛生伍長っておかしくない?(疑問3)※注2本人に関してもこれだけの疑問が浮かんでくる。こんな疑問があるのに、その人の証言を信じろというのだろうか?記事として掲載する前に、ちょっと調べてみるくらいできないのか?
 また731部隊の実験としても、なぜ経口感染あるいは粘膜感染する病気を注射したのか?正しい実験じゃないよね?(疑問4)なぜ子供の見ている前で母親を解剖したのか?その行為に科学的意味はあったのか?(疑問5)とおかしいことだらけだ。
 素人の私でもこれだけ疑問に思うんだから、ジャーナリストなら裏を取ろうと思うのではないだろうか?あー、疑問符が多い文章になってしまった。

※注1
 東京同仁医薬学校という細菌学を学べそうな学校が早稲田構内にできたという話だが、細菌学科があったかどうかは不明、かつ開校期間が1906年~1911年なので大川氏は学べない。

※注2
 衛生伍長という階級は、軍医予備員が衛生上等兵として召集され、15日の基礎訓練後になるものだったようだ。(軍医予備員でなければ、二等兵から始まって4階級昇進しないと衛生伍長にはなれない)ただし、軍医予備員は、40歳以下の医大あるいは医学専門校卒業生、つまり医師免許を持っている人間が志願するものということ。細菌学じゃ博士号は取れても医師免許は取れないよなぁ。

« 4月アニメ新番組 | トップページ | 蟲師 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

早稲田大学と書いてありますが、多分本科ではなく、早稲田大学高等学院の理系出身者だと思います。別に専門で細菌学を学んだわけでないのでしょう。大学予科では、文系でも生物学や数学は勉強しますから。
また、衛生伍長が軍医予備軍でなくては簡単になれないように思われているようですが、伍長になるくらい幹候になりさえすればじきになれます。このひとは乙幹だったんじゃないですか。
私は海軍で、親戚にも海軍軍医中将になった者がおりますが、その人は大学(東京帝大)を卒業し、中尉で海軍に入り、海軍軍医学校学生になりました。大学出の軍医は、最初から中尉、専門学校卒は少尉。その他短現軍医などおりましたが、衛生兵は一般の兵であり、そのなかには大学出から小学校卒まで色々おりました。当時、将校、下士官、馬、兵隊といわれ、馬以下の存在に甘んじられなかった一部は幹候を志願しました。
あと、色々書かれていますが、軍隊は滅茶苦茶なことを平気でやり、看護婦を強姦するなども日常茶飯事でしたので、疑問に思うのも結構ですが、731部隊自体石井軍医中将という異常の指揮官のもとで異常なことを平然としていたのですから。まあ、兵隊の人権を認めない軍隊が、中国人にどんなことをしたか、目を覆いたくなるほど天魔悪鬼の如き非道な話はいろいろあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/14646776

この記事へのトラックバック一覧です: ただ流すだけなら…:

« 4月アニメ新番組 | トップページ | 蟲師 »