« 特待生 | トップページ | きょうはここにネコとか外出したいなぁ(BlogPet) »

ラブソングができるまで

先月末にオープンしたばかりのワーナーMYCALシネマズ港北ニュータウンで、ヒュー・グラント、ドリー・バリモア主演のラブ・コメディ「ラブソングができるまで」を観る。原題は“MUSIC AND LYRICS”、作曲家と作詞家って、そのまんま。

お客は7割程度。GWなのに…やはり、スパイダーマン3に持ってかれているんだなぁ。

オープニングの80年代風PVに爆笑。ヒロインのお姉さんにも爆笑。ヒュー・グラントが落ちぶれた80年代のポップスターの悲哀(というか半ばヤケ?)をうまく表現していて、ぴったり。正直に言うと、ドリー・バリモアは、ベビーフェイス過ぎてあまり好きではないのだが、こっちも天然系がうまくはまっていた感じ。

ストーリーは、ある意味ラブコメの王道。紆余曲折アリの、最終的にはハッピーエンド。2時間があっという間だった。クライマックスにヒュー・グラントがソロで歌ったラブソングにちょっとジンと来てしまった。いやー、歳を取ると涙腺が弱くなっていかん。

« 特待生 | トップページ | きょうはここにネコとか外出したいなぁ(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/14954769

この記事へのトラックバック一覧です: ラブソングができるまで:

« 特待生 | トップページ | きょうはここにネコとか外出したいなぁ(BlogPet) »