« きのうシャムが(BlogPet) | トップページ | 極端は危うい »

ハゲハゲ、うるせーよ

 もうこの歳になるとどーでもいいやと開き直ることもできるが、若い人の中には気にする人もいるのだろうなぁ。

唐辛子と大豆で育毛効果 名古屋市立大教授ら実証(東京新聞)

---------------------
 唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」と大豆に含まれる「イソフラボン」を同時に摂取すると育毛に大きな効果があることを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明講師らのグループが実証し、米科学誌に近く論文が掲載される。岡嶋教授は「1日に、小さじ2杯の唐辛子と半丁の豆腐を食べると効果が出る」としている。

 髪の毛のもととなる毛母細胞は、ペプチド「IGF-1」によって分裂・増殖が盛んになる。岡嶋教授らは、カプサイシンとイソフラボンが、毛根の中のIGF-1を増加させる働きを持つことを、マウスを使った実験で突き止めた。

 実際に薄毛や円形脱毛症の人31人に5カ月間、1日カプサイシン6ミリグラム、イソフラボン75ミリグラムを摂取してもらったところ、20人に育毛効果が認められた。実験とは別に12歳の重症円形脱毛症の少年が摂取すると、はっきりと効果が表れた。
---------------------

 へぇぇ~それなら、豆腐に唐辛子振りかけて食べようか、なんて人も出てくるかもしれない。いや、どこぞのメーカーがサプリメントとして出す方が先か?
 『メディア・バイアス』を読んだばかりだから、こんな研究結果もちょっと疑ってしまう。31人というサンプル数が少ないし、カプサイシンの取りすぎは何か副作用ありそうだし。いずれにしても、辛いの苦手だから試そうとも思わないけどね。

« きのうシャムが(BlogPet) | トップページ | 極端は危うい »

サイエンス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

<論文捏造>名市大准教授、懲戒解雇 老化研究で画像改ざん
毎日新聞 3月20日(火)2時2分配信
 名古屋市立大は19日、老化防止研究などの論文に改ざんや捏造(ねつぞう)があったとして大学院医学研究科の原田直明准教授(44)を懲戒解雇、監督責任者として岡嶋研二教授(58)を停職6カ月の処分にした。名市大の調査専門委員会によると原田准教授は熊本大研究生時代(05年)の1本を含む計8本の論文で過去の実験画像を新しいものとして使ったり、画像に手に加えたという。原田准教授は「論文作成中に、仮に作成したものを誤って使ってしまった」と説明しているが、調査委は信用できないと判断した。

監督の教授停職 岡嶋教授が責任著者を務めた論文19本で画像に手が加えられたり、他の実験画像の流用が判明した。調査委議長の今川正良副学長は「岡嶋教授の不正関与を裏付ける証拠はなかったが、本人が不正に気づいていなかったとは考えられない」と述べた。

 処分された2人は育毛や老化防止、認知症予防に役立つ物質を研究。学外から指摘があり、昨年3月から調査委が調べていた。戸苅創(とがり・はじめ)学長は「研究機関としてあるまじきことで大変遺憾。早急に再発防止に努めたい」とのコメントを発表した。【河出伸】

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/15138115

この記事へのトラックバック一覧です: ハゲハゲ、うるせーよ:

« きのうシャムが(BlogPet) | トップページ | 極端は危うい »