« 民主くん | トップページ | 今日アメリカで健康情報とか(BlogPet) »

ネットストレージは著作権違反?

音楽保存サービス ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁

-------------------------
 インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。
 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。
-------------------------

 なぜ本人しか利用できないネットストレージにアップロードされたら「不特定多数への送信」となるのか、いま一つわからない。地裁では、時折常識からかけ離れた判決が出ることがままあるが、これはインターネットのしくみを全く理解していないとしか思えない。

こちらのブログ「ナガブロ: ストレージの利用がなぜ著作権侵害なのか」では、詳しく法律的解釈の解説をしているが、どうやら「カラオケ法理」とやらによる解釈らしい。でも、個人が利用するネットストレージにまで範囲を広げて良いものなのか?

 こちら(副作用が大きすぎるストレージ・サービス違法判決 - 栗原潔のテクノロジー時評Ver2)でも指摘されているように、こうした拡大解釈を続けていけば、現行のメールサーバやWWWサーバ、FTPサーバも法律違反ということになりかねない。いやはや、なんて暗い未来なんだろう。

 JASRACとしては、こうしたサービスをやられては収益に関わるということなのだろうが、著作権者自身が自身の楽曲を自由に使えなかったり、著作権者に本当に還元されているかどうか不透明だというような批判があるなか、訴訟ばかりを起こすよりも組織の体質を見直す方が先じゃないのか。

 常々、現行の法体系がインターネットを始めとする新しい技術に追い付いていない、直ちに法整備の必要があると考えてきたが、それよりも、こうした阿保らしい判決を出す裁判官を市民が何とかする法律を作るべきなんじゃなかろうか。法律には詳しくても、一般常識や新しい技術に対する知識が欠けていては、弊害としかならない。

« 民主くん | トップページ | 今日アメリカで健康情報とか(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/15230047

この記事へのトラックバック一覧です: ネットストレージは著作権違反?:

« 民主くん | トップページ | 今日アメリカで健康情報とか(BlogPet) »