« 河童のクゥと夏休み | トップページ | 権利団体じゃなくて利権団体 »

2007/07/11

ダイ・ハード4.0

 109シネマズ港北で『ダイ・ハード4.0』を観る。長い間待たされた甲斐のあったと思わせてくれる娯楽大作に仕上がっている。

 ダイ・ハードの最新作について「あのマクレーン刑事が帰ってきた」というコピーはもう使い古されているだろうが、(ちなみに、マクレーン 帰ってきた の検索結果 約 2,530 件中 1 - 10 件目 ( 0.118 秒)  )再開するまでの間に、離婚するわ、娘は反抗するわ、髪はほとんどなくなるわで、それなりに大変な生活をしてきたんだなぁと思わずにいられない。で、またも事件に巻き込まれ大変なことになるわけだが。

 監督が、「ダイ・ハード」シリーズの大ファンというだけあって、ユーモアのセンスやマクレーン刑事のアクションという芯の部分は残しつつ、デジタル社会の恐怖という難解な敵と戦う新しいダイ・ハードの魅力を創り出した。でも、絶対1回くらいは死んでるよな>マクレーン。

 129分という長い映画なのだが、観終わるまで時間を感じさせない、面白い映画であったよ。

|

« 河童のクゥと夏休み | トップページ | 権利団体じゃなくて利権団体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハード4.0:

» 「ダイ・ハード4.0」これが見納め?だからこそ劇場へ行こう! [soramove]
「ダイ・ハード4.0」★★★★★満足オススメ ブルース・ウィリス主演 レン・ワイズマン 監督、アメリカ2007年 参考人の青年を移送する仕事、 簡単に片付くと思ったが これがまたハードな仕事に。 ありえない展開に突っ込みどころ多数あり だけどそんな...... [続きを読む]

受信: 2007/07/12 23:07

« 河童のクゥと夏休み | トップページ | 権利団体じゃなくて利権団体 »