« 権利団体じゃなくて利権団体 | トップページ | キサラギ »

ゴースト・ハウス

 嫁さんの就職祝い(?)に、ららぽーと横浜のTOHOシネマズで『ゴースト・ハウス』を観る。観客は20組程度、ほぼカップルオンリー。嫁さんの隣側のカップル、女性より男性の方が怖がっていて、途中で「ギャッ!」とか「わぁっ!」とか悲鳴を上げるので、ホラー映画なのに笑ってしまった。

ゴースト・ハウス 公式サイト

 ストーリーは、田舎の古びた家に都会から家族が越してくる。実はその家は、数年前に一家が忽然と姿を消したといういわくつきの物件。引っ越してきた家族も問題を抱えていて…という、ホラー映画ならありがちというかお約束なパターン。お約束といえば、「そんな家に住まないだろ」「そんな方にひとりで行かないだろ」「どう見たって幽霊なのに声かけないだろ」というホラー映画のお約束パターンもてんこもり。中身はちょっとひねってある。ただし、原題は『The Messangers』で、タイトルでネタばれなんだが(^_^;)

 序盤~中盤に掛けては、結構音で驚かす演出が多かったように思う。画面を横切る影に合わせて大きな音を出すとか。そのため、前半で疲れちゃって後半のクライマックスがあまり怖くなかった。残念。

 主演の女の子は、『パニック・ルーム』の娘役の子で、よくまぁこんなに育ったなぁと。スチールだと森泉にそっくりなんだが、動いているときは似てない。

« 権利団体じゃなくて利権団体 | トップページ | キサラギ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/15859648

この記事へのトラックバック一覧です: ゴースト・ハウス:

« 権利団体じゃなくて利権団体 | トップページ | キサラギ »