« 今日のニャンコ | トップページ | 今日のニャンコ »

教育とは難しいものよ

 人に物を教えるということは、とても難しいことで。「自分に教える資格があるのか」などど思い悩んだり。それはともかく。中教審で「武道」と「ダンス」を必修科目に加えるという流れになっているもよう。

----------------------
中央教育審議会:「武道」必修化を大筋了承(毎日)

 学習指導要領の改定作業を進めている中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の専門部会は4日、中学校の保健体育で選択必修になっている武道(柔道、剣道、相撲など)を1、2年生の男女を対象に原則、必修化することを大筋で了承した。昨年12月改正の教育基本法に盛り込まれた教育目標「伝統と文化の尊重」の実現を目指す。

 この教育目標は「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養う」といういわゆる「愛国心」表記として、賛否を呼んでいた。

 専門部会は、武道の必修化は教育目標と一致するとともに、子供の成長過程を考えると、中2までは、男女ともに複数の競技を体験させるのが望ましいと判断した。

 現行の学習指導要領では、中1が武道かダンスのいずれかを選択。2、3年生は球技、武道、ダンスのうち二つを選択することになっており、男子でもダンスを行うケースがあるという。

 文科省が公表した来年度予算の概算要求でも、教員の武道の指導力向上などを目的に、地域の道場や体育系大学と連携などを行う新たなモデル事業に約5000万円を計上するなど「武道重視」の方針が打ち出されている。【高山純二】
----------------------

 いいことだと思う。まぁ、記事中に「愛国心」を持ち出すのは誘導っぽく感じないではない。武道=愛国心って結びつけたいんだろうなぁ。むしろ武道は「克己心」を養うものだと思うが。それに、ダンスだって選択できるし。ちなみにダンスは社交ダンスやヒップホップも視野に入っているらしいが、学校でヒップホップってどうなのか(^_^;)?社交ダンスは知っていて損はないと思うがなぁ。

 さっそくテレビで某映画監督が「冗談も程々に」なんてあほくさいコメントしてたけど、「嫌がる奴もおるやろ。強制はいかん」ってピントずれとるがな。必修でも選択だし。嫌がるから強制はダメっていったら、教育全般が動けなくなるでしょ。勉強が嫌なんて子供はいくらでもいるんだから。なんでも国のやることに反対すりゃいいと、それがカッコイイと思っているのか。イイ歳したおっさんが、浅知恵もいいとこ。

 学校の授業でやる武道なら、部活動や町の道場のように、それこそ血反吐吐くまでやるようなこともないだろうし、入門~初級程度のところまでだろう。礼にはじまり礼に終わるという武道の礼節を重んじる心を感じてもらえればいいんじゃないか。体育会系の苛めとかに繋がらないよう十分注意して。

« 今日のニャンコ | トップページ | 今日のニャンコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/16353339

この記事へのトラックバック一覧です: 教育とは難しいものよ:

« 今日のニャンコ | トップページ | 今日のニャンコ »