« キルン・ピープル | トップページ | 10月新作アニメ »

パーフェクト・ストレンジャー

 新聞記者ロウィーナ(ハル・ベリー)は、議員のスキャンダルを権力者によって潰されてしまったことをきっかけに新聞社を退社する。同じころ、幼なじみの水死体が発見される。彼女の残した手掛かりから、大富豪で広告代理店の社長、ハリソン・ヒル(ブルース・ウィリス)が彼女を殺害したのではないかと疑うロウィーナ。ハリソンの会社に派遣社員として潜りこんだロウィーナは、調査を開始するが、ハリソン以外にも疑わしき人物が次々と現れ…。人間の秘めたる別の顔をテーマにしたサスペンス。

 途中までは結構ハラハラするシーンもあり楽しめたのだが、ラストはうーん?って感じだ。考えるに予告編がいけないと思う。気を持たせすぎ。ラストにすごい大どんでん返しが待っていると期待させて、まぁ、どんでん返しではあるものの、想像の範囲内だったからなぁ。NCISでラストのどんでん返しに慣れてしまったせいか?星をつけるなら5つ中3つ。あまり期待せず観に行くのが吉。
 ちなみに予告編では、本篇に使われていないシーンが混じっている。つまり、《嘘》をついているのは予告編という(^_^;)
 以下、ちょこっとネタバレあり。あ、ネタバレが嫌な人は上映前にプログラムを見ないこと。ラストまできっちり載ってる。

 基本的にほとんどの登場人物が悪い奴で、裏では犯罪と脅迫の連鎖という救いのない展開。
 あのストーリーなら、マイルズがロウィーナにパートナー以上の愛情を持っていることを余り見せない方がよかったと思う。マイルズの秘密暴露のインパクトがもっと生きてくるはず。オープニング直後からアレじゃ、やっぱり、としか思えない。フラッシュ・バックも多様しすぎ。主人公の過去に何かがあったことを見せたいにしても、あぁも繰り返し見せられたらオチの予想がついてしまう。
 それに真犯人がどうしてあんな行動に出たのか、という理由がよく分らない。ああまでして、ハリソンに容疑が掛かるようにしなくちゃいけなかった動機が見えてこないのはなぁ。
 やたらと人物のアップが多かった気がする。あと、ファッションショーばりに、ハル・ベリーが多彩なファッションを見せつける。これはハル・ベリーのプロモ映画ですかと。

 CSI:のウォリック役をやってるゲイリー・ドゥーダンが、ロウィーナの恋人役で登場するんだが、あまりのチョイ役ぶりになんだかなーwと。

« キルン・ピープル | トップページ | 10月新作アニメ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/16614333

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクト・ストレンジャー:

» 映画「パーフェクト・ストレンジャー」(2007年、米) [富久亭日乗]
      ★★★☆☆  「ラスト7分11秒ーー絶対あなたは騙される」 という惹句に惹かれた。  原題は「PERFECT STRANGER 」。 邦題はそのまんまだ。  ハル・ベリー扮する女性新聞記者が主人公で、 その幼なじみの女性が殺される。 幼なじみとインターネットを通じて 関係のあった富豪(ブルース・ウィリス)が 容疑者として浮上する。  女性記者は証拠を突き止めようと、 富豪の会社に派遣社員として 潜り込む。  この絶対に怪しい富豪に加えて 中盤から、女性記者の身近にいる あの男も怪しくなり... [続きを読む]

» ☆『パーフェクト・ストレンジャー/PERFECT STRANGER』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
本作でなんといっても良かったのは、マイルズ役のジョヴァンニ・リビシ。 いつもそうなんだけど、何かに取り憑かれたような表情が堪らなく妖しげ。 彼が出ているだけで、きっと何かやってくれるに違いない!って期待させてくれる(^^) ... [続きを読む]

« キルン・ピープル | トップページ | 10月新作アニメ »